C1 Laboratory

弥生

March

2007/3/01~2007/04/01


c1  2007  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


【論文】たちばな;環境保全

論文たちばな環境保全

工学部おける環境教育と安全教育の現状と課題
立花和宏,環境保全,No.10, pp.33-39(2007)

【論文】たちばな;環境保全

2007年3月

20073月1)
教育講演3月滋賀県
ゲーム理論2)

加予約締切平成1932

3月 自然教育3)西洋美術館4)
3月初旬 19年度テキスト入稿品質管理など
3月歓送会啓蟄
3月1011日離散会土湯温泉5)
3月12NCV6)
3月13電気化学リハ7)
3月16日飛び級面接
3月14資料集作成8)
3月18液晶ミーティング
3月21春分
3月24日卒業式謝恩会
3月28日日立金属見学
3月28 工場見学
3月289) 電気化学10)

平成18年度米沢市研究奨励補助金11)

志田先生退職12)

歓送会
日時20073618:00より啓蟄
会場サンルート米沢
会費未定

論文たちばな環境保全13)

関連講義
仁科先生の工場見学ルポ,株式会社エスアイアイマイクロパーツ14)
電気化学の庵,3月弥生15)
卒業研究-電気化学2004,研究室配属16)

先月20072月17)
去年20063月18)
来月20074月19)
来年20083月20)

20064月21)
200622)
200623)

200624)
200625)
200626)

20061027)
20061128)
20062月29)

200730)
20072月31)
20073月32)



高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

 > ゲーム理論,
伊藤 智博,情報処理概論, 講義ノート, (2006).

ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 自然教育園,国立科学博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 美術館 > 西洋美術館,美術館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

C1_2006年度離散会@福島県福島市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

 > 四丁目サイエンス劇場,
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).

電気化学会リハ
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

資料集作成
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】電気化学会第74回大会@千葉県
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

平成18年度米沢市研究奨励補助金
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【論文】たちばな;環境保全
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

電気・電 > 株式会社エスアイアイ・マイクロパーツ,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

年間計画 > イベント > 研究室配属(3月),イベント@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

2007年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2007年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2008年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2006年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2006年5月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2006年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2006年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2006年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2006年10月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2006年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2006年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2007年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2007年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

(1高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(2 > ゲーム理論,
伊藤 智博,情報処理概論, 講義ノート, (2006).
(3ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 自然教育園,国立科学博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(4ミュージ > 美術館 > 西洋美術館,美術館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(5C1_2006年度離散会@福島県福島市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(6 > 四丁目サイエンス劇場,
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).
(7電気化学会リハ
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(8資料集作成
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(9【学会】電気化学会第74回大会@千葉県
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(10【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(11平成18年度米沢市研究奨励補助金
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(12卒業研究(C2),精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2009).
(13【論文】たちばな;環境保全
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(14電気・電 > 株式会社エスアイアイ・マイクロパーツ,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(15高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(16年間計画 > イベント > 研究室配属(3月),イベント@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(172007年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(182006年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(192007年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(202008年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(212006年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(222006年5月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(232006年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(242006年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(252006年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(262006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(272006年10月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(282006年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(292006年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(302007年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(312007年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(322007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2007年3月

ビジュアルスタジオ2005

工学部教職員各位
  
                       工学部運営会議

        学術講演会の開催についてご案内

  標記講演会下記のとおり開催しますので休日ではありますが
 多数の皆様の出席よろしくお願いします
 
                

 日時平成19 00分~1025
                1300分~1425
 場所2307

00分~40分]
 講師幅上茂樹 山形大学工学部物質化学工学科助教授
 演題精密制御酸化プリング反応
 概要 酸化プリング重合フェノール類などの重合法として
    知られ酸素雰囲気下あるいは空気中非常に温和な条件下で
    反応進行しまた水のみが副生成物として排出される「環境
    調和型」の重合系であるしかしこの重合はラジカル種同士
    プリング反応より進行するためその制御は非常に困
    難であり実用的にはエンジニアリングプラスチつで
    あるPPOの製造に応用されているのみである我々はこの酸
    プリング反応制御法について検討行なっており
    規な触媒系の開発により反応の立体化学や位置選択性などの高
    度な制御に成功した

45分~1025分]
 講師坂口浩司 静岡大学電子工学研究所助教授
 演題ナノスケール分析化学
        -電気の眼で単分子視る測る創る-」
 概要 ナノスケール分析化学’とは様々なナノ技術機器分析
    術等組み合わせたナノメートル微小空間における極限計測
    関する学問であり極微領域の分析のみならず新しい物質
    創成技術としての応用も期待されています我々が開発してき
    た走査プローブ技術電気化学用いた個の分子電気的に
    観測計測する新しい方法論や基板表面上に極限の細さの分子
    細線形成させる新しい技術についてお話いたします

1300分~1340分]
 講師仁科辰夫 氏(山形大学大学院理工学研究科
              生体センシング機能工学専攻所助教授)
 演題「電気化学エネルギー変換貯蔵デバイス
                  基礎研究と開発の接点」
 概要 大学おける基礎研究と企業における実用化開発研究との間
    大きなギャある工学専門とする以上この点
    どのように捉え実用化に資する研究とはどのようなものか
    常に探り研究展開する必要があるここでは演者がこれ
    までに進めてきた電気化学エネルギー変換貯蔵デバイス
    具体的には溶融炭酸塩型燃料電池とリチウムイオン次電
    池に関する研究成果例としてそのあり方について議論した
    

1345分~1425分]
 講師岡田達弘 独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員
 演題エネルギー環境研究電気化学
 概要 電気化学リチウム電池燃料電池始めとするエネルギー
    分野やセンサー材料などの分析分野あるいは防食技術のよ
    うな対環境分野等広い産業分野において21世紀のエネルギ
    環境問題対峙できる技術提供する学問分野として期待
    されている本講演では演者がこれまで関わってきた金属腐
    食研究イオンセンサー研究及び燃料電池研究例にとり
    電気化学いう分野の意義と有用性について概要述べる

ビジュアルスタジオ2005

ハクチョウが帰っていきました。

ハクチョウへ向かって帰っていきました

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター1)



ウトナイ湖野生鳥獣保護センター,動物園
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

(1ウトナイ湖野生鳥獣保護センター,動物園
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

ハクチョウが帰っていきました。

実登3110329 密封袋

実登3110329
密封袋有する反復使用可能な発熱袋であり前記密封袋内には予め濃度8090%の酢酸ナトリウム溶液ステンレス製金属シート装填されており密封袋介して前記ステンレス製金属シート捩じ曲げられると前記溶液が結晶化して発熱し前記ステンレス製金属シート表面凹凸模様が刻印されていること特徴する反復使用可能な発熱袋

by 立花和宏

実登3110329 密封袋

【議事】

【議事】

C1_2006年度離散会@福島県福島市

2006年度離散会福島県福島

離散会企画しています!!(集合10日午後2時正門前です!)

本文: 予定日はアンケートの結果31011日になっています大学校門前に迎えが来てくれるようなので車出す必要はありません

福島県 土湯温泉 観山荘
http://www.naf.c…
土湯温泉 観山荘 〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町字見附25 TEL024595-2026 FAX024595-2716

20071)
2005年度離散会宮城県松島町2)

離散会3)
2003年度離散会福島県土湯温泉4)



2007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

2005年度離散会@宮城県松島町
立花和宏, 研究ノート, (2006).

離散会(3月),年度末の行事
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

2003年度離散会@福島県土湯温泉
立花和宏, 研究ノート, (2004).

(12007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(22005年度離散会@宮城県松島町
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(3離散会(3月),年度末の行事
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(42003年度離散会@福島県土湯温泉
立花和宏, 研究ノート, (2004).

C1_2006年度離散会@福島県福島市

【NCV収録】水で咲かそう春の花

NCV収録

小野寺研究室
水で咲かそう春の花1)

NCV収録2)
号館3)
有機系測定室4)

20075)

サイエンス 科学 技術 工学部 チンタオル サインペン 色素 展開 ペーパークロマトグラフィー 薄層クロマトグラフィー 染料 顔料 分離 抽出 カラムクロマトグラフィー カラム セファデクス ガスクロマトグラフィー マススペクトログラフィー GC-MS 質量分析計 分子量 落花生 ベニバナ シリンジ 秦逸 上杉鷹山 レーヨン



四丁目サ > 「水で咲かそう春の花」~染料とペーパークロマトグラフィー~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

【NCV収録】雪は天からの贈り物
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

米沢キャ > 3号館(物質化学工学棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

3-2303 有機系測定室場所.

_◆2007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

(1四丁目サ > 「水で咲かそう春の花」~染料とペーパークロマトグラフィー~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(2【NCV収録】雪は天からの贈り物
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(3米沢キャ > 3号館(物質化学工学棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).
(4) 3-2303 有機系測定室場所.
(5_◆2007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【NCV収録】水で咲かそう春の花

電気化学会リハ

電気化学リハ
小原大佑1)

旗型電極
LIBF10Vにおける残余電流
70マイクロアンペア
LIPF10Vにおける残余電流
50マイクロアンペア

EDLCモデル駆動はTEA BF
LIBFVにおける残余電流
15マイクロアンペア
LIPFVにおける残余電流
10マイクロアンペア

掃引速度が速くなるとクグランド電流増加し抵抗も小さくなると言う傾向が2つのサンプル共通しているようですデータファイルから解析にかける部分切り出すためのものも添付しておきます

電気化学会第74回大会葉県2)



電気化学会第74回大会@千葉県
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(1リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダーの塗布条件と乾燥温度
小原大佑, 卒業論文, (2006).
(2電気化学会第74回大会@千葉県
立花和宏, 研究ノート, (2007).

電気化学会リハ

【論文】原;パワーの非対称特性

論文非対称特性

リチウムイオン次電池の活物質の高速充放電について検討しスピネル方が高速特性における対称性がよいこと見出した

Asymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function of Crystal Structure of Cathode Active Materials for Lithium Secondary Batteries

Kazuhiro Tachibana, Akira Hara, Tatsuo Nishina, Takashi Endo, and Michio Sugawara1

1Department of Chemistry & Chemical Engineering, Yamagata University, Yonezawa, Yamagata 992-8510, Japan
2Graduate School of Science & Engineering, Yamagata University, Yonezawa, Yamagata 992-8510, Japan
Corresponding author: K. Tachibana

1)

受理22
掲載可
2007月号

論文有機電解液中におけるニオブエクスパンドメタル電解チング2)

論文カドミウム修飾チタニアヒドロロキシルラジカル発生光触媒活性3)

論文中川90テストおける自動車用新鉛電池へのITE添加剤の効果4)



【論文】有機電解液中におけるニオブのエクスパンドメタルの電解エッチング
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【論文】カドミウム修飾チタニアのヒドロロキシルラジカル発生の光触媒活性
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【論文】中川:90Aテストにおける自動車用新鉛電池へのITE添加剤の効果
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1クエン酸錯体法によるリチウムイオン二次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価
原 啓, 修士論文, (2007).
(2【論文】有機電解液中におけるニオブのエクスパンドメタルの電解エッチング
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(3【論文】カドミウム修飾チタニアのヒドロロキシルラジカル発生の光触媒活性
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(4【論文】中川:90Aテストにおける自動車用新鉛電池へのITE添加剤の効果
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【論文】原;パワーの非対称特性

資料集作成

資料集作成弥生

前期

●品質管理1)

イラスト図解 工場しくみ目次2)
松林光男渡辺弘, イラスト図解 工場しくみ, 日本実業出版社, (2004).
新訂地学図解目次3)

21世紀こども 大図解小学館
http://www.amazo…

●情報処理概論4)
情報目次5)

●無機分析化学応用実験6)
20077)

エネルギー変換化学特論8)

後期

●無機工業化学9)


無機系専門科目化学10)
200711)



2007(平成19)年度―品質管理,
立花 和宏, 品質管理, 講義ノート, (2007).

◆2007(H19)◆情報処理概,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).

2007(平成19)年度―無機実験,
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).

H19年度 by AM\tac,
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

無機系専門科目(化学)
立花和宏, 研究ノート, (2005).

2007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(12007(平成19)年度―品質管理,
立花 和宏, 品質管理, 講義ノート, (2007).
(2イラスト図解 工場のしくみ(目次)
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).
(3新訂地学図解(目次)
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(4◆2007(H19)◆情報処理概,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).
(5情報(目次)
川合慧, 情報, 東京大学出版会, (2006).
(6無機・分析化学応用実験,精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
遠藤 昌敏, シラバス, (2007).
(72007(平成19)年度―無機実験,
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).
(8H19年度 by AM\tac,
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(9無機工業化学,,etc,,
立花 和宏, シラバス, (2007).
(10無機系専門科目(化学)
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(112007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

資料集作成

平成18年度米沢市研究奨励補助金

平成18年度米沢市研究奨励補助金による研究成果発表会のお知らせ1)

本年度採択研究課題の研究成果下記により発表しますので是非聴講ください

期日 平成1915
場所 山形大学ベンチャービジネスラボラトリーセミナーホール
発表
  開始時刻   発表者        研究課題
 1300分~ 南谷靖史 がん治療用超短パルス電磁波集束アンテナ装置研究
 1335分~ 神戸士郎 新開発pH及びORP計用いた舘山浄水場における
                水素イオン濃度酸化還元電位長期継続観察
 1410分~ 佐竹康史 ゾルーゲル利用した繊維内部への不溶性物質の固着
 1445分~ 水沼  雪国寒冷地向けユビキタス体調把握支援システム開発
 1530分~ 鵜沼英郎 米沢ゼオライトからの空気浄化機能内装材の開発
 1605分~ 尾形健明 ウコギ葉中の総ポリフェノール量の簡易定量法の研究
by 立花和宏



2007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(12007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

平成18年度米沢市研究奨励補助金

3月18日15時~かみのやま

1815時~

当日は格式ばった感じではなくクバラン議題進行したいと思います
準備するものはありません

場所日本宿古窯  10次の間
     999-3242 山形県上山市葉山5-20
     TEL 023-672-5454
     Check in 15:00Check out 10:00
     夕食は個室で
     朝食はバイキング 700900
最寄の駅かみのやま温泉
     タクシー 又は送迎バスあり事前予約必要

見学上山藩校明新館武家屋敷1)



【見学】上山藩校明新館、武家屋敷
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(1【見学】上山藩校明新館、武家屋敷
立花和宏, 研究ノート, (2007).

3月18日15時~かみのやま

【工場見学】エスアイアイ・マイクロパーツ、ダムほか@宮城県

宮城県1)株式会社エスアイアイマイクロパーツ2)工場見学いきました帰りは国道286号線沿いの中華料理いただきました蔵王山通って米沢に帰りました

大蔵ダム
http://www.pref.…

定義如来
http://www.johgi…
油揚げは保存可能な精進料理隠れ里のため山形からもってきた

秋保温泉
http://www.akiu-…

釜房ダム
http://www.thr.m…

舘謙太は2006それまでの研究デジタルハイコープよる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した3)

あゆみは2007それまでの研究ESRよるニオブアノード酸化皮膜欠陥部定量分析いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

20075)



宮城県,東北地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

株式会社エスアイアイ・マイクロパーツ,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫, 仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

2007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(1宮城県,東北地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2株式会社エスアイアイ・マイクロパーツ,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫, 仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(3デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(4ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析
齋藤 歩美, 卒業論文, (2007).
(52007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【工場見学】エスアイアイ・マイクロパーツ、ダムほか@宮城県

【見学】定義山

見学定義

工場見学エスアイアイマイクロパーツダムほか宮城県1)



【工場見学】エスアイアイ・マイクロパーツ、ダムほか@宮城県
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(1【工場見学】エスアイアイ・マイクロパーツ、ダムほか@宮城県
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【見学】定義山

【議事】バインダ

【議事】バインダ

【特許】―――リスト―――

1. 特許公開2006173583 蓄電性ゴム並びにそれ用いた電気重層キャパシタ及びリチウム電池1)

2. 特許公開2005286072 固体電解質コンデンサおよびその製造方法

3. 特許公開2005251808 ニオブ用いた固体電解コンデンサ

4. 特許公開2005019893 固体電解コンデンサバルブメタル焼結体その製造方法およびこの焼結体用いた固体電解コンデンサ2)

5. 特許公開2004103956 陽極酸化皮膜評価方法3)

6. 特許公開2004063156 非水溶液電解液次電池4)

7. 特許公開2003317806 非水電解質リチウム次電池及びその製造方法
8. 特許公開2003315301 局部腐食センサ及び同局部腐食センサ使用した局部腐食検出方法並びに局部腐食検出装置
9. 特許公開2003313694 アノード電解よるジルコニウムハフニウム分離方法
10. 特許公開2003100300 非水溶液電解液次電池
11. 特許公開2003073900 タンタル又はニオブ材料粗面化方法
12. 特許公開2002298853 リチウム次電池および電気重層キャパシタ
13. 特許公開2002260728 非水電解液用いたリチウム次電池
14. 特許公開平05113346 計測システム
15. 特許公開平05088265 プロジエクシヨンスクリーン及びその製造方法
16. 特許公開平05080421 プロジエクシヨンスクリーン
by 立花和宏



【特許】ゴム
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【特許】固体電解コンデンサ用バルブメタル
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【特許】2002-266007:陽極酸化皮膜の評価方法
立花和宏, 研究ノート, (2002).

【特許】ハフニウム集電体
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(1【特許】ゴム
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(2【特許】固体電解コンデンサ用バルブメタル
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3【特許】2002-266007:陽極酸化皮膜の評価方法
立花和宏, 研究ノート, (2002).
(4【特許】ハフニウム集電体
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【特許】―――リスト―――

【特許】出願2002-217221;ハフニウム集電体

出願番号 : 特許出願2002217221 出願日 : 200225
公開番号 : 特許公開200463156 公開日 : 200426
出願人 : 科学技術振興事業団 発明 : 立花 和宏

発明名称 : 非水溶液電解液次電池



要約:

課題Li次電池の正極集電には通常Alが使われているがAl表面の被膜は酸やアルカリ反応し耐食性が充分でなく製作過程で入る水分により被膜が損傷すると電解液分解して寿命が短くなる言う製造上の厄介な問題がある
解決手段本発明はHfの緻密な表面被膜がッ素アニオン含む有機電解液中で電解液の分解抑制に有効であることと水溶液系に強い耐食被膜であることつの特徴持つこと見いだしこの知見に基づき導電性の良いAl等金属表面Hfやその合金で被覆することにより前記水分の影響軽減し安定な製作条件でLi次電池製作するものである
選択図    
by 立花和宏

【特許】出願2002-217221;ハフニウム集電体

【見学】埼玉県深谷市

見学埼玉県深谷市

渋沢栄生家カイコガ

誠之堂清風堂
http://www.educa…

渋沢栄しぶさわえいいち1)

関連講義お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,日本煉瓦史料館日本煉瓦製造㈱工場2)



渋沢栄一(しぶさわえいいち),発明家・企業家・実業家
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

日本煉瓦史料館・日本煉瓦製造㈱工場,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

(1渋沢栄一(しぶさわえいいち),発明家・企業家・実業家
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2日本煉瓦史料館・日本煉瓦製造㈱工場,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

【見学】埼玉県深谷市

【工場見学】日立金属(株) 熊谷工場@埼玉県熊谷市

DF工場技術グループ
日立金属熊谷工場1)行います

日時は再調整の結果28しましたので皆さん時間調整され多数のごお願いします
なお加希望は39日(金)までに申し出でお願いします

日程は以下の予定です
日時     28 13501650
場所     日立金属 熊谷工場
住所     埼玉県熊谷市ヶ尻5200番地  
集合場所  高崎線籠原駅熊谷の次駅南口ロータリー
(籠原駅改札出て右へ陸橋渡り降りたらロータリー1ロータリー対面に日立金属の大型バス止まってます
乗り遅れたらタクシー1000円強
事務所棟 階会議室
集合時間  1335分出発
電車時刻  上野発1210籠原着1328
新宿発1212籠原着1324
早めに来て食事される方は北口でどうぞ!
見学時間 13501400  部会例会 新入会員紹介
14001440  卓話   新車開発のプロセス
14401510  工程説明
15101600  工場見学
16001620  質疑
16201645  工場発表
1650          会社クラブへ移動
17001830  懇親会
帰路 籠原発上野方面1857 上野着2007
新宿方面1852 新宿着2006

ワインビールレンガ

20072)



日立金属熊谷工場,非鉄金属(アルミニウム・銅)
仁科 辰夫, 仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

2007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(1日立金属熊谷工場,非鉄金属(アルミニウム・銅)
仁科 辰夫, 仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(22007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【工場見学】日立金属(株) 熊谷工場@埼玉県熊谷市

【学会】電気化学会第74回大会@千葉県

電気化学会第74回大会
千葉県1)
電気化学
小原大佑2)

 平成193293313日間
 東京理科大学理工学部野田キャンパス(野田市山崎2641)
    会場案内図PDF

キャンパス東京理科大学 野田キャンパス,278-8510 千葉県野田市山崎26413)

般学術講演 ◇特別講演 シンポジウム ポスターセション ◇各賞表彰記念講演会
◇展示会 ミキサー ◇懇親会

平成193293313日間
http://www.elect…

新幹線つばさで米沢→大宮大宮からは東武野田線で運河へ4)
http://www.kph.j…

宿泊は柏市長崎屋でお弁当食す
航空科学博物館5)成田山新勝寺6)国際空港見学する

電気化学7)
20078)



高等学校 > 地理(高 > 関東地方 > 千葉県,関東地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 地理(高 > 交通 > 鉄道 > 私鉄 > 東武鉄道,私鉄
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 科学館( > 航空機・ > 航空科学博物館,航空機・飛行機
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

建築、土 > 寺社仏閣 > 平安仏教 > 成田山新勝寺,平安仏教(天台宗、真言宗など)の寺院
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

(1高等学校 > 地理(高 > 関東地方 > 千葉県,関東地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダーの塗布条件と乾燥温度
小原 大佑, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2006).
(3野田キャンパスキャンパス
千葉県野田市山崎2641.
(4高等学校 > 地理(高 > 交通 > 鉄道 > 私鉄 > 東武鉄道,私鉄
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(5ミュージ > 科学館( > 航空機・ > 航空科学博物館,航空機・飛行機
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(6建築、土 > 寺社仏閣 > 平安仏教 > 成田山新勝寺,平安仏教(天台宗、真言宗など)の寺院
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(7【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(82007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

【学会】電気化学会第74回大会@千葉県

【職歴】准教授


1985.3山形部応用化 卒業
1987.3山形院工研究 修士課程 応用化専攻修了
2003.3 博士 東北 工第2060
職歴
1987.4 1991.12大日本印刷株式会社
1992.1 2003.9 山形助手工
2003.10 山形助教授工現在至る
2003.10 山形院理工研究科博士前期課程担当現在至る
2004.4 山形院理工研究科博士後期課程担当現在至る
2007.4 山形准教授理工研究科現在に至る)

山形助教授工エネルギー変換現在至る
山形院理工研究科博士前期課程担当エネルギー変換特論現在至る
山形院理工研究科博士後期課程担当エネルギー変換特論現在至る
山形准教授理工研究
                会及び社会における活動等
                                 
1992.1
1992.1
1992.1
日本 正会員現在至る
電気 個人会員現在至る
表面技術協会 個人会員現在至る
                                   
                                   
2003.8 ITE SPECIAL TECHNOLOGY AWARD & APPRECIATION
国際技術交流協会特別技術賞

【職歴】准教授

2007年(平成19)研究ノート

2007平成19研究ノート

舘謙太1)阿部智幸2)小原大佑3)しい4)
にしかわ5)にしまた6)
ゆき7)たかつか8)にれぎ9)こもり10)まいこ11)ひさこ12)ひらやま13)おおつか14)やぎぬま15)わたなべ16)かすや17)

学会電気化学東京18)
学会48回電池討論会19)

200720)
20081月21)

2006平成18年度ノート22)
2007年度平成19卒業研究23)
電気化学の庵24)



【学会】電気化学会@東京
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

【学会】第48回電池討論会@福岡県福岡市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2007年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2008年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

電気化学の庵
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

(1デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2006).
(2リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布による影響
阿部智幸, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2006).
(3リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダーの塗布条件と乾燥温度
小原 大佑, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2006).
(4EHDポンプの動作原理の解明とその高性能化
志井洋介, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2008).
(5電気二重層キャパシタの電解液の違いによる接触抵抗の非可逆性発現機構
西川 幸秀, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2007).
(6交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム
西俣 樹, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2009).
(7粘着テープを用いた電極合材と集電体との接着強度の数値化
今野 優輝, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(8ESRによるNb2O5酸素欠損の評価
高塚 知行, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(9液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化
楡木 崇仁, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(10デジタルハイスコープを用いた鉛蓄電池負極の硫酸鉛結晶発生の可視化
小森 康孝, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(11ゴム支持体にチタン酸リチウムを活物質として用いたリチウムイオン二次電池の負極挙動
吉田 麻衣子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(12アルミニウムの腐食に対する水分濃度とクロム被覆の影響
服部 久子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(13アルミニウムの予備アノード酸化による有機電解液中でのブレークダウン電位の制御
平山 従仕, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(14アルミニウム不働態皮膜生成時における電流について
大須賀 洸志, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(15サイクリックボルタンメトリーによるバインダを塗布した集電体の分極挙動
柳沼 雅章, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(16クエン酸錯体法を用いたLiFePO4の合成における焼成条件の検討
渡邉 貴太, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(17リチウムイオン二次電池正極合材の構造と応答速度の関係
粕谷 涼, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(18【学会】電気化学会@東京
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(19【学会】第48回電池討論会@福岡県福岡市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(202007年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(212008年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(222006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(23緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(24電気化学の庵
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

2007年(平成19)研究ノート

2007年4月

20074月
新年度新学期
2007年前期1)

4/24
白鳥4/8
ウグイス4/9

宮坂考古館米沢藩の文化財2)

週目
4月 情報処理概論初回
4月10 品質管理初回成績配布学科会議号館階の大部屋実験室
4月11 エネ変特初回成績配布
4月12 演習初回
4月13NCV締切
4月15ブリヂストン甲府信玄堤武田神社3)
週目
4月16科学ゼミ初回
4月18実験花見
4月19ゴム
4月21MANTEN
週目
4月23NCV収録
4月25入試担当フコクエネ代理?

日時平成194月24
時間16001730
場所大示範教室
講師米沢工業 理事長 今井  23
題目私の歩んで来た道と歩みながら学んで来た事


ガラス器具等の確認下記の要領で行いますので
教職員の方々とTAの学生さん旧小講座最低お集まり下さい
日時4月10 1600
場所号館階の大部屋実験室

お忙しい中弊社の宣伝パンフレ作成の関係上
申し訳ございませんが可能でございましたら
4月23までにe-mailまたはFAXにて
ご講演可能な日程ご講演項目ご返送頂ければ幸いです
※もし難しい場合は火曜日にただいても結構でございます

4月卯月4)
来月20075)
先月20076)
去年
来年20084月7)

2007平成19年度ノート8)



2007年前期
立花和宏, 研究ノート, (2007).

宮坂考古館―米沢藩の文化財―,歴史・民族資料館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

ブリヂストン、甲府城、信玄堤、武田神社@山梨県
立花和宏, 研究ノート, (2007).

4月(卯月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

2007年5月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

2007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

2008年4月
立花和宏, 研究ノート, (2008).

◆2007(平成19)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(12007年前期
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(2宮坂考古館―米沢藩の文化財―,歴史・民族資料館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(3ブリヂストン、甲府城、信玄堤、武田神社@山梨県
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(44月(卯月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(52007年5月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(62007年3月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(72008年4月
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(8◆2007(平成19)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2007).

2007年4月

教授、助教授、講師、助手から教授、准教授、講師、助教へ

教授助教授講師助手

教授准教授講師助教

教育文化かかわる法律1)

http://www.meti.…
学校教育昭和二十二年法律第二十六次のように改正する
五十八条第項中助教授准教授助教改める
五十八条第項中「ただし教育研究上の組織編制として適切と認められる場合には准教授助教又は助手置かないことができる」に改める
五十八条第項中教授は下に専攻分野について教育研究上又は実務上の特に優れた知識能力及び実績有する者であつて加える
五十八条第次のように改める
  准教授は専攻分野について教育研究上又は実務上の優れた知識能力及び実績有する者であつて学生教授しその研究指導し又は研究に従事する
五十八条第次のように改める
  助手はその所属する組織における教育研究の円滑な実施に必要な業務に従事する
五十八条第項中助教授准教授改める
五十八条第五十八条第項とする
五十八条第五十八条第項とする
五十八条第項の次に次の加える
  助教は専攻分野について教育研究上又は実務上の知識及び能力有する者であつて学生教授しその研究指導し又は研究に従事する
五十九条第項中助教授准教授改める
六十八条の項中助教授准教授改める
七十条の項中助教授准教授助教改める
七十条の項中「ただし教育上の組織編制として適切と認められる場合には准教授助教又は助手置かないことができる」に改める
七十条の次のように改める
  教授は専攻分野について教育上又は実務上の特に優れた知識能力及び実績有する者であつて学生教授する



教育と文化にかかわる法律,法と規範
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

(1教育と文化にかかわる法律,法と規範
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

教授、助教授、講師、助手から教授、准教授、講師、助教へ
  • ?

  • 研究ノート追加
    詳細
    山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3753
    http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/