C1 Laboratory

文月

July

2006/7/01~2006/08/01


7月に入ると 試験期間、レポート提出に追われながら 科学フェスティバルオープンキャンパス などの 夏のイベントで忙しくなります。 学会の要旨の提出もこのころです。 梅雨明けしていれば暑さが一気にやってきます。夜空には天の川を背景に夏の大三角が。 七夕様にはどんな願いをしましたか?熱中症にもご用心。暑中見舞いは出しましたか?

c1  2006  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


2006年7月

20067月文月7月(文月)1)小暑大暑

7月70回ARS例会【講演】第70回ARS例会@神奈川県横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス

7月 三菱重工業栗東工場@滋賀県栗東市2)

7月18品質管理の追試験

7月2047回電池討論会【学会】第47回電池討論会@東京都江戸川区申し込み締切

7月21新技術説明会【講演】新技術説明会@東京都

7月22横浜こども科学館3)横浜マリタイムミュージアム4)

7月23SPP下見

2006年4月

2006年5月

2006年6月

2006年7月

2006年8月

2006年9月

2006年10月

2006年11月

2006年12月

2007年1月

2007年2月

2007年3月

去年2005年7月

来年2007年7月

毎月

 睦月1月(睦月)5)人日小寒大寒

 如月2月(如月)6)立春雨水

 弥生3月(弥生)7)上巳啓蟄春分

 卯月4月(卯月)8)清明穀雨

 皐月5月(皐月)9)端午小満

 水無月6月(水無月)10)芒種入梅

 7月文月7月(文月)11)小暑大暑

 8月葉月8月(葉月)12)立秋処暑

 長月9月(長月)13)重陽白露秋分

10神無月10月(神無月)14)寒露霜降

11霜月11月(霜月)15)立冬小雪

12師走12月(師走)16)大雪冬至

2011年7月

2010年7月

2009年7月

2008年7月

2007年7月

2006年7月

2005年7月

2004年7月

2003年7月

2000年7月

1998年7月

1997年7月

【講演】第70回ARS例会@神奈川県横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス
【学会】第47回電池討論会@東京都江戸川区
【講演】新技術説明会@東京都
2006年4月
2006年5月
2006年6月
2006年7月
2006年8月
2006年9月
2006年10月
2006年11月
2006年12月
2007年1月
2007年2月
2007年3月
2005年7月
2007年7月
2011年7月
2010年7月
2009年7月
2008年7月
2007年7月
2006年7月
2005年7月
2004年7月
2003年7月
2000年7月
1998年7月
1997年7月

2006年7月

【論文】中川;鉛蓄電池の添加剤

処暑大暑

中川立花小塚菅原小沢
30. Oxidation of ITE's Organic Polymer Activator of Lead-Acid batteries on Cathode 共著 2006.7 ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine(with News)
7(4):
pp.336-339 鉛蓄電池の添加剤について検討した
担当部分実験と論文作成
(K. Nakagawa, K. Tachibana, Y. Kozuka, M. Sugawara and A. Kozawa)

固体電解コンデンサニオブアノード酸化皮膜自己修復に及ぼす酸化マンガン水分影響1)

関連講義卒業研究-電気化学2004,鉛電池2)



【論文】よしき;固体電解コンデンサ用ニオブアノード酸化皮膜の自己修復に及ぼす二酸化マンガン
立花和宏, 研究ノート, (2006).

鉛電池,電池
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1【論文】よしき;固体電解コンデンサ用ニオブアノード酸化皮膜の自己修復に及ぼす二酸化マンガン
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(2鉛電池,電池
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

【論文】中川;鉛蓄電池の添加剤

?

Weeklyレポート 200676 03517228日野俊介
             
酸素注入後の過酸化ラジカルスピンアダクト測定
                      
1目的 DMSO酸素濃度対するスピンアダクト変化観察する
2実験 蒸留したDMSO用いて0.1M AIBN 1mlと0.1M DMPO 1ml調製した①試験管に0.1M AIBN 50μl0.1M DMPO 50μl入れた②試験管内の溶液に5分間酸素注入した50±1℃の恒温槽で10分間暖めた④試験管スクリュー管に入れた水に40秒間浸した ③の操作が終わってから40秒後に測定開始した⑥この連の操作3回行った検体は2つ用意した
また強度比はスペクトル高さから求めた
3結果考察 酸素5分間注入すると強度比が約0.1大きくなった検体によるバラつきもアルゴンガス注入の実験と比べて小さい
4次回までの課題 DMSO酸素濃度変えて実験するもしくは反応時間反応温度変えて実験する
5試薬使用量 
試薬ID1697試薬AIBN 使用量0.0328 g
試薬ID7690試薬DMPO 使用量0.0226 g

?

MANTEN@山形県米沢市

MANTEN山形県米沢市
ゲーム理論1)

MANTEN愛知県名古屋2)



ゲーム理論,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).

MANTEN@愛知県名古屋市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1ゲーム理論,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).
(2MANTEN@愛知県名古屋市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

MANTEN@山形県米沢市

【議事】NCV撮影用・PETリサイクル資料

【議事】NCV撮影用・PETリサイクル資料

【NCV収録】ペットボトルおさかなキャッチャー

18日の収録ですが幼稚園児との触れ合いの時間了解しました!
今回のスタカメラマン男性なる予定です
10分程みんなで遊んで少しうち解けたところで収録に入りましょう♪

今回ですが時間都合等園児の拘束コーナー考慮し
①勝見が幼稚園児と緒に椅子に座り「という事で東部幼稚園ってきましたみなさんこんにちは~さて先生今回はどんな実験するんですか?」と尋ねる
②先生がまさに学校のようにみんなの前で実験内容教える
③実験開始
いう感じで前回のような先生と勝見だけの実験なくしてはいかがでしょうか?

コーナー全体の尺が10分という事で
オープニング 
幼稚園  
③山大工学部 
エンディング   目安に考えております
前回はオーバーしてしまいましたので
短い時間でお伝えするのは非常に難しいかもしれませんがどうぞよろしくお願いします

簡単シナリオ作成したいと思いますので幼稚園実験工学部実験内容また準備するものなど教えてください
お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いしますm(_ _)

トボトルおさかなキャチャー1)
20062)



ペットボトルおさかなキャッチャー,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏, 四丁目サイエンス劇場, 講義ノート, (2007).

2006年7月
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1ペットボトルおさかなキャッチャー,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏, 四丁目サイエンス劇場, 講義ノート, (2007).
(22006年7月
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【NCV収録】ペットボトルおさかなキャッチャー

【講演】新技術説明会@東京都

新技術説明会1)

材料 高速充放電実現するリチウムイオン次電池の電極構造の最適化2) 山形大学 立花和宏 1120-1140 医療 TGF-βの経口投与によるアレルギ-疾患の予防と治療 山梨大学 中尾 篤人
材料 超音波による特殊反応場用いた鉄系正極材料合成 秋田大学 大川  1140-1200 医療バイオ 腫瘍マーカーしての血中抗sideroflexin3抗体 愛媛大学 村瀬 
休憩1200-1300 休憩1200-1300
材料 生物活性生物忌避テルペン樹脂開発 岡山理科大学 重富 康正 1300-1320 医療 関節内プローブ開発関節軟骨の評価 山口大学  
材料 低融点可能にする新材料の創製オイル消泡剤液晶などへの応用 広島大学 福原  1320-1340 医療 人工股関節の位置決めおよび手術操作支援ガイド 新潟大学 小林 
材料 ペロブスカイト関連構造もつ新規スズ含有酸化物蛍光体 州工業大学 植田 和茂 1340-1400 医療 振動刺激付加促通効果による新規リハビリ治療法 鹿児島大学 川平 和美
材料 試験検査用有機薄膜素子ホルダー 金沢大学 高橋 光信 1400-1420 医療 アクアポリン機能調整 熊本大学 礒濱
材料 ビジョンチとその応用 奈良先端科学技術大学院大学 太田  1420-1440 医療 合成 siRNA 用いた癌の個別治療  愛媛大学 中城 
材料 ルチル(TiO2)単結晶の製造方法と光アイソレータ 山梨大学 綿打 敏司 1440-1500 医療バイオ 中性子イメージング検出器及び中性子検出方法 山形大学 郡司修
休憩1500-1510 休憩1500-1510
機械 液体膜によるガス蒸気透過分離装置 新潟大学 伊東  1510-1530 医療 バルブレスマイクロポンプ 州工業大学 宮崎 康次
機械 肢体機能回復支援装置 佐賀大学 木口 量夫 1530-1550 バイオ 細胞刺激装置 熊本大学 勝木 
機械 電場で発生するジェ水流応用した流体デバイス 葉大学 大坪 泰文 1550-1610 バイオ 人工膜システムしての脂肪酸と脂質の積層化技術 秋田大学 辻内 
機械 OA機器電子機器冷却系の低騒音化技術 鳥取大学 西村 正治 1610-1630 バイオ ウナギから発見された新規蛍光タンパク 鹿児島大学  
機械 圧電フィルム用いた変動荷重センサー及び大変形荷重センサー 広島大学 藤本 由紀夫 1630-1650 バイオ 異なる時系列DNAマイクロアレイデータの補正方法 奈良先端科学技術大学院大学 宮崎 
機械 コンクリート構造物内部の検査装置 佐賀大学 伊藤 幸広 1650-1710

1 技術分野は申請分野題名考に大ぐくりの名称にしています ※静岡大の個別相談が件重なる場合には相談場所別に確保する予定です
2 発表題名は今後調査票で提出戴くものが正式題名になります


(1キャンパス・イノベーションセンター東京新技術説明会 会議.
(2高速充放電を実現するリチウムイオン二次電池の電極構造の最適化
立花 和宏, 新技術説明会, (2005).

【講演】新技術説明会@東京都

【講演】第70回ARS例会@神奈川県横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス

70回ARS例会神奈川県1)横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス
慶應義塾大学2)70回ARS例会3)
ARS4)
2006/7/2
http://www.ne.jp…
ブレークダウン電圧
技術説明5)
90

http://www.ne.jp…
都立大学東京6) 大学院工学研究科応用化学専攻 電気化学専攻     益田 秀樹
TEL:0426771111 内線4931FAX:0426-77-2841

ARS例会での演題と概要送らせていただきます
下記の内容で例会の主旨に不都合はございませんでしょうか?
よろしくお願い申し上げます7)

演題
非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧8)

概要
水溶液中におけるアルミニウムアノード酸化皮膜ブレークダウン電圧古くから研究されているが本講演では有機溶媒イオン液体などの非水溶液中におけるアルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧酸化マンガン導電性高分子炭素等の固体材料接触した状態アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧他のバルブメタル金属比較しながら議論する

https://gb.yz.ya…

東京グリーンホテル水道東京都


追伸昨年名古屋で工場見学させていただいた学生のうち
田中良樹佐藤和美の両名が23修士学位論文公聴会開きます
工場見学得た実践的な知識糧として公聴会に臨むことと思います
その節はほんとうにありがとうございました
日比野淳様にもよろしくお伝えください



神奈川県,関東地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

ARS
立花和宏, 研究ノート, (2005).

新技術説明会@東京都
立花和宏, 研究ノート, (2006).

C1履歴,緒言(C1講座)
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1神奈川県,関東地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2慶應義塾大学学校.
(3第70回ARS例会会議.
(4ARS
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(5新技術説明会@東京都
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(6首都大学東京学校.
(7C1履歴,緒言(C1講座)
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8VBブレークダウン電圧breakdown voltageボルト, (物理量).

【講演】第70回ARS例会@神奈川県横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス

?

weeklyレポート  2006721  03517228 日野俊介
アルゴン注入後の過酸化ラジカルスピンアダクト測定
                               
1目的 DMSO酸素濃度対するスピンアダクト変化観察する
2実験 蒸留したDMSO用いて0.1M AIBN 1mlと0.1M DMPO 1ml調製した①試験管に0.1M AIBN 50μl0.1M DMPO 50μl入れた②試験管内の溶液に5分間アルゴン注入した50±1℃の恒温槽で10分間暖めた④試験管スクリュー管に入れた水に40秒間浸した ④の操作が終わってから40秒後に測定開始した⑥この連の操作3回行った検体は2つ用意した
また強度比はスペクトル高さから求めた
3結果考察 アルゴン5分間注入すると強度比が約0.130.14小さくなった前はアルゴンガスDMSO注入してから溶液調製その後実験していた今回試験管各溶液入れてからアルゴン注入したことで強度比のバラつきが小さくなった
4次回までの課題 DMSO酸素濃度変えて実験するもしくは反応時間反応温度変えて実験する

?

高柴デコ屋敷@福島県

高柴デコ屋敷

福島にある民族系の施設

福島県1)



高等学校 > 高校地理 > 東北地方 > 福島県,東北地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

(1高等学校 > 高校地理 > 東北地方 > 福島県,東北地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高柴デコ屋敷@福島県

フェノール試薬の成分組成

フェノール試薬1)の成分組成調べた
なかなか探せなかったがナカライテスク株式会社フェノール試薬37205-74,100mL)MSDS照できた

タングステンナトリウム水和物2) 9.1%
モリブデンナトリウム水和物3) 2.3%
リン4) 
塩酸塩化水素5) 
硫酸リチウム6) 13
7)  67

であった

フェノール試薬ISO公定法フォーリン-チオカルト法などで使われている8)


(1フェノー > フェノール試薬
フェノール試薬Phenol Reagent, (材料).
(2タングステン酸二ナトリウムSodium tungstate dihydrateNa2WO4, = 329.85776 g/mol, (化学種).
(3モリブデン酸ナトリウムMolybdic acid sodium saltNa2MoO4, = 241.94776 g/mol, (化学種).
(4リン酸H3PO4(aq), = 97.99522 g/mol, (化学種).
(5塩化水素HCl, = 36.46094 g/mol, (化学種).
(6硫酸リチウムLi2SO4, = 109.9456 g/mol, (化学種).
(7WaterH2O, = 18.01528 g/mol, (化学種).
(8 > 緑茶と紅茶の総ポリフェノール量の決定(ISOの公定法)
International Organization for Standardization, ISO 14502-1 Determination of substances characteristic of green and black tea -- Part 1: Content of total polyphenols in tea -- Colorimetric method using Folin-Ciocalteu reagent, International Organization for Standardization, (2005).

フェノール試薬の成分組成

【地域交流】技術部協賛「理科実験教室」

技術部広報委員会7月

技術部協賛
 理科じっけん教室 in 白い森の国 おぐに写真掲載

 2弾として昨年に引続き「理科じっけん教室 in 白い森の国 
おぐに」730日に小国町民総合体育館で行いました
 加者は生徒約150同伴父兄家族で大変好評得ました詳細
な報告は別添に譲り取り急ぎ下記URLに実験風景の写真部掲載し
ましたのでご覧いただければ幸いです

担当スタ
 瀧本淳広報委員長小林恵美企画総務槇卓哉教育支援
技術
 原田英羽賀恵壽村上聡佐藤和昭草苅美穂水沼充
菊地真也菊地新佐竹忠昭井元滝田村恒中島孝則

地域との交流1)
20067月2)



地域との交流,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

2006年7月
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1地域との交流,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(22006年7月
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【地域交流】技術部協賛「理科実験教室」

MANTEN@山形県米沢市

MANTEN山形県米沢市

新世代ラーニングシステム構築1)
ゲーム理論2)情報目次3)

MANTEN山形県米沢市4)
MANTEN山形県米沢市5)
MANTEN山形県米沢市6)
MANTEN東京都品川区7)
MANTEN愛知県名古屋8)



ゲーム理論,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).

MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).

MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).

MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).

MANTEN@東京都品川区
立花和宏, 研究ノート, (2005).

MANTEN@愛知県名古屋市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1新世代ラーニングシステムの構築プロジェクト.
(2ゲーム理論,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).
(3情報(目次)
川合慧, 情報, 東京大学出版会, (2006).
(4MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(5MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(6MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(7MANTEN@東京都品川区
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(8MANTEN@愛知県名古屋市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

MANTEN@山形県米沢市

【寄稿・書籍】塗布方法@技術情報協会

 寄稿塗布方法技術情報協会

数ある塗布や乾燥の技術のうち体どれ選択するべきなのか?この問いに答える前にどんな塗膜作りたいのか分に検討する必要があるリチウムイオン次電池の正極における塗布や乾燥は厚塗り技術であるなぜ厚く塗る必要があるのか?厚くしすぎると何が問題になるのか?電池に求められる機能から導き出される塗膜の理想の姿について読者諸氏とともに考察してゆきたいと思う

(1) 芳尾真幸小沢昭弥, リチウムイオン次電池-材料と応用-第, 日刊工業新聞社, (1996).
(2) リチウムイオン電池キャパシタの実践評価技術技術情報協会
(3) コンバーティング技術とその不良対策技術情報協会

エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次1)

20062)



2006年8月
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1 > エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, (2007).
(22006年8月
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【寄稿・書籍】塗布方法@技術情報協会

2006年8月

20068月葉月1)
立秋処暑

8月 寄稿塗布方法情報技術協会
8月 化学への招待2)
8月FD合宿山形県山形市蔵王3)
8月34回高分子夏季ゼミ
8月12SPP科学技術体験学習福島県田村市4)
8月13郡山ふれあい科学館5)

毎月
 睦月6)小寒大寒
 如月7)立春雨水
 弥生8)啓蟄春分
 卯月9)清明穀雨
 皐月10)立夏小満
 水無月11)芒種入梅夏至
 7月文月12)半夏生小暑大暑
 8月葉月13)立秋処暑
 9月長月14)白露秋分
10神無月15)寒露霜降
11霜月16)立冬小雪
12師走17)大雪冬至


200618)
200619)
200620)

20067月21)
20068月22)
20069月23)

20061024)
20061125)
20061226)

200727)
200728)
200729)



高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

化学への招待2006(平成18)
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

FD合宿@山形県山形市蔵王
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【地域交流】BENTON夏合宿2006(SPP)@福島県田村市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

ミュージ > 科学館( > 郡山市ふれあい科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 2月(如月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 5月(皐月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 6月(水無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 7月(文月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 9月(長月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 10月(神無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 12月(師走),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

2006年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年5月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2006年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2006年10月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2006年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2007年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2007年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

(1高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
(2化学への招待2006(平成18)
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(3FD合宿@山形県山形市蔵王
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(4【地域交流】BENTON夏合宿2006(SPP)@福島県田村市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(5ミュージ > 科学館( > 郡山市ふれあい科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(6高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).
(7高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 2月(如月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(8高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(9高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(10高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 5月(皐月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(11高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 6月(水無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(12高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 7月(文月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).
(13高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
(14高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 9月(長月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(15高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 10月(神無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(16高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(17高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 12月(師走),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(182006年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(192006年5月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(202006年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(212006年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(222006年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(232006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(242006年10月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(252006年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(262006年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(272007年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(282007年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(292007年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年8月

親和会

親和会誌 2006 復刊72 内容 draft 1)
とりあえず手元の数年分の目次からクアしたものです

内容的には多いかなぁいう印象があります最近は26ページくらいの構成に
なっているようですweb site 構築もしているようですのでそちらに
移行してもいい内容もあるのかなぁなどと考えています

コメントお願いいたします

http://shinnakai…
--------------------------------------------------------------

巻頭言 (学外?)
71 長谷川先生
70 葉保雄さん(ユシロ化学工業(株))
69 泉先生
68 鈴木洋さん(首都圏支部長ユニチカ環境サービス(株))

退官にあたって(小野寺先生志田先生勝山先生)
退官に寄せて(小野寺先生志田先生勝山先生へ)

旧職員の近況 (神田先生菅原さん烏さん)
思い出(神田先生菅原さん烏さんへ)

新任職員の自己紹介
機器分析技術 草刈美穂さん
物質化学工学 非常勤 遠藤孝志さん

寄稿 大学教育加して
立命館大学大阪市立大学 非常勤講師 大久保 (C31)

会員だより
退職記念会からのお知らせ (小野寺先生志田先生勝山先生)
会計報告会費納入者
高原だより編集後記



親和会,応用化学科展示室
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

(1親和会,応用化学科展示室
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

親和会
  • ?

  • 研究ノート追加
    詳細
    山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3753
    http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/