C1 Laboratory

長月

September

2005/9/01~2005/10/01


化学英語Ⅱ物質化学工学実験Ⅳ仮配属)、など後期の授業の準備はできましたか? 卒業研究や、学会発表の準備も進んでいますか? 学会プレゼンテーションの準備にも余念がありません。

c1  2005  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


2005年9月

20059月長月1)
20050901-面接10:00
20050908-◆出張千葉県-でんか
20050923-仙台市科学館2)
20050930-〆紀要3)

92005電気化学千葉県4)
平成17年度化学系学協会連合東北地方大会-仙台5)
芋煮会6)

20057)
2005108)

2005平成17年度ノート9)



9月(長月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

仙台市科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

【投稿】紀要サイバーキャンパス「鷹山」
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【学会】2005電気化学会@千葉県千葉市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

芋煮会@2005
立花和宏, 研究ノート, (2005).

2005年8月
立花和宏, 研究ノート, (2005).

2005年10月
立花和宏, 研究ノート, (2005).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(19月(長月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(2仙台市科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(3【投稿】紀要サイバーキャンパス「鷹山」
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4【学会】2005電気化学会@千葉県千葉市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(5【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(6芋煮会@2005
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(72005年8月
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(82005年10月
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(9◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

2005年9月

ドメイン

のネットワークには二つのドメインフォレストがある。図 1のドメインフォレストは、筆者らがシラバス入力のために構成した標準的なドメインツリーである。すなわちトップドメインとしてのyamagata-uがあり、その子ドメインとしてのsyllabusやamenityがある。図 1右のドメインフォレストは、端末室のPCを更新した際に構成したドメイン群で、kjdn, iddn, yzdn, rddn などキャンパスごとにどこにも関連付けられていない非標準的なドメインがある。学部学生についてはそれぞれのキャンパスのドメインサーバーが認証サービスを行っている。教職員については前述の経緯によって工学部ドメインだけで他学部の教職員も含めた認証サービスを行っている。現在サイバーキャンパス鷹山はamenityドメインで管理されており、amenityドメインから、yzdnドメインに信頼関係接続することで、学内の教職員および学生の認証サービスを全てyzdnドメインに委任している。しかし、客員教授や科学技術コーディネータなどの認証サービスがyzdnドメインで十分保証されているとは言えないので今後の課題となっている。

学術情報基盤センター1


(1学術情報基盤センター.

ドメイン

旭化成の特許。 1984年5月28日に、旭

旭化成の特許。

1984年5月28日に、旭化成工業(株)の実近健一および吉野彰を発明人として出願されたひとつの特許があった1)。その特許はコバルト酸リチウムを正極としたリチウムイオン二次電池において、その集電体にアルミニウムが最適であることを開示するもので、その請求範囲には、「(1)電池の内部抵抗が5Ω以下の非水系二次電池であって、正極集電体として厚さ1~100μmのアルミニウム箔を用いることを特徴とする二次電池」(2)電池の内部抵抗が5Ω以下の非水系二次電池であって、正極集電体として厚さ1~100μmのアルミニウム箔を用いることを特徴とする二次電池でありかつ充電状態における開放端子電圧が3~5Vの二次電池」と記載されていた。表 1に示すように、旭化成は各社からの異議申し立てを退けてこの特許を成立させ、ついに1997年8月8日SONYをはじめとするリチウム電池メーカー各社にこの特許についての使用料を請求することになる。

表 1 旭化成工業(株)から出願された「非水系二次電池」に関する特許の経緯
年号 経緯
1984 出願番号  特許出願昭59-106556  
1985 公開番号  特許公開昭60-253157  
1992 公告番号  特許公告平04-052592  
1995 審判番号  審判平07-022887
1997 特許番号  特許2128922

講演会で照会しました1



(1リチウムイオン二次電池のアルミニウム集電体/電池合材の界面設計
立花 和宏, 2004年度電気化学会関東支部セミナー, (2004).

旭化成の特許。 1984年5月28日に、旭

停電によるFTPのサービス停止について 法

停電によるFTPサービス停止について

法定停電のため、ftp.yz.yamagata-u.ac.jpで行っているFTPサーバーを停止します。これによって、山形大学FTPサーバーより提供されているOpenOfficeDebianなどのダウンロードができなくなります。

日時は、下記ようになります。

2005年9月4日 8:30~17:30
2005年9月7日 8:30~17:30


以上。よろしくお願いします。

停電によるFTPのサービス停止について 法

OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク

OpenOffice日本語ダウンロードリンク

FTPサーバーftp.yz.yamagata-u.ac.jpからのOpenOfficeダウンロード行いやすいようによく使われるバイナリーパケージへのリンク紹介しますケージごとにファイル名でプラトフォーム分かれています


日本語
Ver 2.1.0: http://ftp.yz.ya…
 Windows版: http://ftp.yz.ya…
 WindowsJava含む: http://ftp.yz.ya…
 Linux for Intel版: http://ftp.yz.ya…
 Linux for IntelJava含む: http://ftp.yz.ya…
 Mac OS(PPC)http://ftp.yz.ya…
 Mac OS(Intel)http://ftp.yz.ya…
 FreeBSD 5: http://ftp.yz.ya…
 FreeBSD 6: http://ftp.yz.ya…

Ver 2.0.11): http://ftp.yz.ya…
 Windows版: http://ftp.yz.ya…
 Linux for Intel版: http://ftp.yz.ya…
 Solaris for SPARC版: http://ftp.yz.ya…
 Solaris for x86版: http://ftp.yz.ya…
 MacOS X版 http://ftp.yz.ya…

Ver 2.0.02): http://ftp.yz.ya…

Ver 1.1.53): http://ftp.yz.ya…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.ya…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.ya…

英語版4)
Ver 2.0.05): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC36): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC27): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC18): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.ya…
Ver 1.1.59): http://ftp.yz.ya…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.ya…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.ya…
Ver 1.0.2: http://ftp.yz.ya…

URL http://ftp.yz.ya…

オフィシャルサイト http://www.openo…
日本語オフィシャルサイト http://ja.openof…
Ver 2.0.2 オフィシャルページ http://ja.openof…
Ver 2.0.1 オフィシャルページ http://ja.openof…
Ver 2.0.0 オフィシャルページ http://ja.openof…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ http://ja.openof…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ http://ja.openof…
OpenOffice言語対応について10)



OpenOffice2.0.1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2006).

OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(英語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOfficeの言語対応について
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

(1OpenOffice2.0.1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2006).
(2OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice(英語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(9OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(10OpenOfficeの言語対応について
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク

【依頼】

【依頼】

【学会】2005電気化学秋季大会@千葉県千葉市

でんか千葉県1)電気化学会に加しました2)

信州大学3)キャパシタ技術委員会杉本先生依頼で特別講演しましたタイトルEDLC集電体としてのアルミニウム不働態皮膜その表面接触抵抗4)キャパシタ技術の会報に寄稿しました5)

2005電気化学秋季大会6)

銀座のらくがき展延末保子個展

久保7)8)
及川9)
星野10)

に行きました11)

2003電気化学秋季大会-札幌ノート12)

関連講義卒業研究-電気化学2004,電気化学13)

電気化学14)
2005年度平成17年度卒業研究15)

20059月16)



高等学校 > 地理(高 > 関東地方 > 千葉県,関東地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

【論文寄稿】EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

炭素を塗布したバルブメタル表面上における有機電解液酸化分解のラジカル分析
○久保篤嗣,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,2005年電気化学秋季大会要旨集 (2005).

建築、土 > 城郭、城 > 千葉城,城郭、城址
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

【学会】2003年電気化学秋季大会@北海道札幌市
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

2005年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

(1高等学校 > 地理(高 > 関東地方 > 千葉県,関東地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(3信州大学学校
.
http://www.shinshu-u.ac.jp/
(4EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗
立花 和宏, 2005年電気化学秋季大会, (2005).
(5【論文寄稿】EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(62005年電気化学秋季大会会議.
(7リチウムイオン二次電池の有機電解液分解に伴う劣化原因の解明
久保篤嗣, 卒業論文, (2005).
(8炭素を塗布したバルブメタル表面上における有機電解液酸化分解のラジカル分析
○久保篤嗣,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,2005年電気化学秋季大会要旨集 (2005).
(9二酸化マンガンを用いたアシンメトリックハイブリットキャパシタの特性改善
及川文成, 卒業論文, (2005).
(10リチウムイオン二次電池負極カーボン材料界面における脱溶媒和過程の解析
星野大助, 修士論文, (2007).
(11建築、土 > 城郭、城 > 千葉城,城郭、城址
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(12【学会】2003年電気化学秋季大会@北海道札幌市
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(13結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(14【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(15緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(162005年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

【学会】2005電気化学秋季大会@千葉県千葉市

MANTEN@愛知県名古屋市

MANTEN愛知県名古屋

葉→京都→名古屋
9/10京都の散策しました京都では寺田屋伏見城お寺などめぐり豆腐料理いただきました

文字認識等について議論しました

45回電池討論会-京都1)
東京打ち合わせ2)

MANTEN山形県米沢市3)



第45回電池討論会@京都府京都市
立花和宏, 研究ノート, (2004).

MANTEN@東京都品川区
立花和宏, 研究ノート, (2005).

MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1第45回電池討論会@京都府京都市
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(2MANTEN@東京都品川区
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3MANTEN@山形県米沢市
立花和宏, 研究ノート, (2006).

MANTEN@愛知県名古屋市

【特許】特願2004-05676;ニオブを用いた固体電解コンデンサ

…らは2004年に特許特願2004-056767固体電解コンデンサついて報告し(54)発明名称ニオブ用いた固体電解コンデンサ バルブメタルしてニオブ用いてなる固体電解コンデンサおいて化成酸化皮膜カソード材料して炭素圧着しこれアノードして…と述べている1)

200316日校正
200323日校正

特許特願2004-056767
ゃんさんよしき

出願番号 : 特許出願200456767 出願日 : 2004
公開番号 : 特許公開2005251808 公開日 : 200515
出願人 : 独立行政法人科学技術振興機構 発明 : 立花 和宏

発明名称 : ニオブ用いた固体電解コンデンサ



要約:

課題 バルブメタルしてニオブ用いてなる固体電解コンデンサおいてニオブ熱負荷による漏れ電流軽量化に寄与する手段によって解決しようというものである
解決手段 ニオブ所定耐電圧までアノード化成処理得られた化成酸化皮膜にカソード材料して炭素圧着しこれアノードして使用することによって解決する
選択図


2004平成16年度ノート2)



◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).

(1特許特願2004-056767固体電解コンデンサ
, , (2004).
(2◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).

【特許】特願2004-05676;ニオブを用いた固体電解コンデンサ

物質管理システム

物質管理システム

200112月説明会1)

志井洋介,伊…らは2006年にで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において環境教育と環境マネジメント統合システム開発ついて報告している2)

2006年仙台で3)で渡辺準司君4)発表しました
2005仲宗根亮,化学学協会連合東北地5)
紀要6)

PRTRシステムマニュアル作成7)
ESR関するノート考文献に引用します8)
タンタル9)LCRメータ(NF ZM 2355)10)で測定しました


http://syllabus-…

PRTR法関係11)

クロロホルム12)メチルアルコール13)などの材料14)危険物です
アスベスト15)うちアモサイト及びクロシドライト除く材料16)指定化学物質です


サイバーキャンパス発展17)資料




PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).

環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).

平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).

PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).

ESRで発見!EC+DEC、PC+DME
久保篤嗣, 研究ノート, (2004).

LCRメータ測定装置.

材料とは?,
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2007).

サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(2環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).
(3平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(5PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(6サイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点の抽出
立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、仁科辰夫、尾形健明、亀田恭男、妹能晴弥、高橋国法、高田健次郎、猪狩惺、小沢昭弥、足立敏、延末憲三, 山形大学紀要(工学)Vol.28, No.2,p.53-64, (2005).
(7PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).
(8ESRで発見!EC+DEC、PC+DME
久保篤嗣, 研究ノート, (2004).
(9タンタル(ワイヤ)試料.
(10LCRメータ測定装置.
(11/amenity/PRT…(PRTR法関係)
仁科 辰夫, PRTR対策システム, (2007).
(12クロロホルムChloroform, (材料).
(13メチルアルコール, (材料).
(14材料とは?,
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2007).
(15アスベスト, (材料).
(16石綿(アモサイト及びクロシドライトを除く), (材料).
(17サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).

物質管理システム

移動オープンキャンパス

移動オープンキャンパス

小国町おぐに開発総合センター

オリジナル入浴剤作ろう

スペシャルスライム

オリジナル華鏡

体験196
by 立花和宏

移動オープンキャンパス

全固体電池

固体電池

甲南大学1です。
JSRのTADASHI SATOMURAの文献があります。


(1甲南大学
立花和宏, 研究ノート, (2004).

全固体電池

工業製品と特許

爽:特許3660157
ave, 特開2004-201510. 
凸版印刷

トルコ風アイス特開2003-199499...

特許
http://www.jpo.go.jp/in…

特許電子図書館(IPDL)
http://www.ipdl.ncipi.g…

○日本規格協会
http://www.jsa.or.jp/…

工業製品特許JISなどのルールにしたがって生産されます。

工業製品と特許

OpenOffice 1.1.5リリース

OpenOffice 1.1.5リリース

OpenOffice 1.1.5がリリースされました。
Wordファイルを読み込むときの問題や1.1.4のセキュリティ対策などが施されています。
詳しくは、http://ja.openoffice.or…を参考にしてください。

また、山形大学1FTPサーバーからもダウンロードできます。下記のURLを参考にしてください。
日本語版2http://ftp.yz.yamagata-…
日本語版(Win):http://ftp.yz.yamagata-…
日本語版(Solaris x86):http://ftp.yz.yamagata-…
日本語版(Linux Intel):http://ftp.yz.yamagata-…
英語版:http://ftp.yz.yamagata-…

関連リンク
FTPサーバーの設計と構築 記録3
OpenOfficeミラー障害4
OpenOfficeダウンロードリンク 5
OpenOfficeの言語対応について6


(1山形大学.
(2OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3FTPサーバーの設計と構築Anonymo
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4FTPサーバーの障害について -OpenOffi
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOfficeの言語対応について
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 1.1.5リリース

危険物講習会@山形県赤湯市

危険物講習会南陽市役所赤湯

クロロホルム1)メチルアルコール2)などが危険物です

http://syllabus-…

静電気火災事故原因上位
静電気対策は生産ラインでも重要
イオナイザなどが発売されています

化学物質関わる法律3)





化学物質に関わる法律,法と規範
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

(1クロロホルムChloroform, (材料).
(2メチルアルコール, (材料).
(3化学物質に関わる法律,法と規範
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

危険物講習会@山形県赤湯市

仙台市科学館@宮城県仙台市

宮城県仙台市にある科学館1)

舘謙太は2006年にそれまでの研究デジタルハイコープよる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)


平成17年度化学系学協会連合東北地方大会-仙台3)途中でよりました

仙台科学館
http://www.kagak…

階は高校生物4)地学高校物理5)高校化学6)階は生活

平成17年度化学系学協会連合東北地方大会-仙台7)
科学館8)

2005平成17年度ノート9)



仙台市科学館,科学館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

高校生物,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高校物理,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高校化学,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

科学館
立花和宏, 研究ノート, (2005).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1仙台市科学館,科学館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(2デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(3平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4高校生物,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(5高校物理,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(6高校化学,
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(7平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(8科学館
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(9◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

仙台市科学館@宮城県仙台市

【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市

平成17年度化学学協会連合東北地方大会宮城県仙台
東北大学1)

立花は9/22の危険物講習会2)から
ホテルレオパレス仙台に宿泊
http://www.leopa…
9/23は仙台市科学館3)も見学しました

13時から

○舘謙太,,デジタルハイ,平成17年度4)

リチウムイオン次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明5)

高等教育機関における化学物質管理システム開発6)
渡邉隼司7)
2005 日本化学 PRTR.ppt8)
2005 日本化学 2.3.doc9)

仁科先生は招待講演されました
燃料電池の最新動向.ppt10)

小原大佑らは2005年に東北大学 川内キャンパス宮城県仙台市青葉区川内開催された平成17年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池正極における炭素/アルミニウム界面接触抵抗低減させるバインダ塗布条件乾燥温度ついて報告している11)


日本化学会は仙台で開催されます

仁科先生の特別講演がありました

化学学協会連合東北地方大会12)
2005年度-平成17年度13)
2005平成17年度ノート14)



危険物講習会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

仙台市科学館@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
○舘謙太,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,菅原陸郎, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1東北大学学校
.
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/
(2危険物講習会
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3仙台市科学館@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
○舘謙太,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,菅原陸郎, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(5リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(6教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(7教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(8?ファイル.
(9?ファイル.
(10?ファイル.
(11リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(12【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(13【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(14◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市

OpenOffice(ドイツ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(ドイツ語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。


*ドイツ語版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0.0: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC31http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.52http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.3: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.0: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.1: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.0: http://ftp.yz.yamagata-…

*日本語版3* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC34http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC25http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC16http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.57http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0Beta2 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
OpenOfficeの言語対応について8


(1OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOfficeの言語対応について
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(ドイツ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(イタリア語)のダウンロードリンク

OpenOfficeイタリアダウンロードリンク

FTPサーバーftp.yz.yamagata-u.ac.jpからのOpenOfficeダウンロード行いやすいようによく使われるバイナリーパケージへのリンク紹介しますケージごとにファイル名でプラトフォーム分かれています


イタリア語版 http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0.01): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC32): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC23): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC14): http://ftp.yz.ya…
Ver 1.1.3: http://ftp.yz.ya…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.ya…

日本語5) http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC36): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC27): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0RC18): http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.ya…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.ya…
Ver 1.1.59): http://ftp.yz.ya…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.ya…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.ya…

URL http://ftp.yz.ya…

オフィシャルサイト http://www.openo…
日本語オフィシャルサイト http://ja.openof…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ http://ja.openof…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ http://ja.openof…
Ver 2.0.0 オフィシャルページ http://ja.openof…



OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

(1OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(9OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(イタリア語)のダウンロードリンク

OpenOffice(フランス語)のダウンロードリンク

OpenOffice(フランス語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。


*フランス語版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0.01http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC32http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC23http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC14http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.55http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.1: http://ftp.yz.yamagata-…

*日本語版6* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC37http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC28http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC19http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.510http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0Beta2 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…


(1OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(9OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(10OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(フランス語)のダウンロードリンク

OpenOffice(デンマーク語)のダウンロードリンク

OpenOffice(デンマーク語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。


*デンマーク語版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0.01http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC32http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC23http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC14http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.3: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.1: http://ftp.yz.yamagata-…

*日本語版5* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC36http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC27http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC18http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.59http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0Beta2 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…


(1OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(9OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(デンマーク語)のダウンロードリンク

OpenOffice(オランダ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(オランダ語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。


*オランダ語版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC31http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC22http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC13http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.3: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.0: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

*日本語版4* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC35http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC26http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC17http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.58http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0Beta2 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…


(1OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(オランダ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(中国語)のダウンロードリンク

OpenOffice(中国語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。


*中国語(中国)版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0.01http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC32http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC23http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC14http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.55http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…

*中国語(台湾)版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0.06http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC37http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC28http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC19http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.510http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…


*日本語版11* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0.012http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC313http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.514http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0.0 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…



(1OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(9OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(10OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(11OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(12OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(13OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(14OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(中国語)のダウンロードリンク

OpenOffice(チェコ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(チェコ語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。


*チェコ語版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC31http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC22http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC13http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.3: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.1: http://ftp.yz.yamagata-…

*日本語版4* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC35http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC26http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC17http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.58http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0Beta2 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…


(1OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(チェコ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(ウェールズ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(ウェールズ語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。


*ウェールズ語版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC31http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC22http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC13http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.2: http://ftp.yz.yamagata-…

*日本語版4* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC35http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC26http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC17http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.58http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0Beta2 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…


(1OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(ウェールズ語)のダウンロードリンク

OpenOffice(英語)のダウンロードリンク

OpenOffice(英語)のダウンロードリンク

FTPサーバー(ftp.yz.yamagata-u.ac.jp)からのOpenOfficeダウンロードが行いやすいように、よく使われるバイナリーパッケージへのリンクを紹介します。各パッケージごとにファイル名でプラットフォームが分かれています。

*英語版* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0.01http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.52http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.2: http://ftp.yz.yamagata-…

*日本語版3* http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC34http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC25http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0RC16http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta2: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 2.0Beta: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.57http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.1.4: http://ftp.yz.yamagata-…
Ver 1.0.3: http://ftp.yz.yamagata-…

トップURL: http://ftp.yz.yamagata-…

オフィシャルサイト: http://www.openoffice.o…
日本語オフィシャルサイト: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.5 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 1.1.4 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…
Ver 2.0Beta2 オフィシャルページ: http://ja.openoffice.or…


(1OpenOffice2.0.0 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice(日本語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice2.0RC3 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice 2.0 RC2 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice 2.0 RC1 リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice 1.1.5リリース
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOffice(英語)のダウンロードリンク

OpenOfficeの言語対応について

OpenOffice言語対応について

オープンソースに対応したOpenOfficeコンパイル済みの各種言語は、日本語版1、英語版2、ドイツ語版3、イタリア語版4、フランス語版5、デンマーク語版6、オランダ語版7、中国語版8、ウェールズ語版9、チェコ語版10である。


(1OpenOffice(日本語版)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(2OpenOffice(英語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(3OpenOffice(ドイツ語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(4OpenOffice(イタリア語)のダウンロード
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(5OpenOffice(フランス語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(6OpenOffice(デンマーク語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(7OpenOffice(オランダ語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(8OpenOffice(中国語)のダウンロードリンク
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(9OpenOffice(ウェールズ語)のダウンロー
伊藤智博, 研究ノート, (2005).
(10OpenOffice(チェコ語)のダウンロードリ
伊藤智博, 研究ノート, (2005).

OpenOfficeの言語対応について

芋煮会@2005

芋煮会1)
研究室の恒例イベント

20052)

2005平成17年度研究ノート3)



芋煮会,イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

2005年9月
立花和宏, 研究ノート, (2005).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1芋煮会,イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(22005年9月
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

芋煮会@2005

ライブカメラ

ライブカメラ


研究室などにライブカメラ設置した設置されたカメラついてデータベース上にテーブル構築した 5(a)工学部正門守衛室内 (b)工学部事務棟工学部長室内のライブカメラ設置状況示す
研究室へのライブカメラ設置は安全管理および在席確認のために行われた工学部正門守衛室への設置は米沢キャンパスセキリュティ強化および高度オープンキャンパス構想の実現への実施試験として行われた
筆者らが設置したライブカメラついては負荷分散と可用性向上のためカメラでとらえた画像定期的にFTPでサーバー上にキャシュしてその画像に対してホームページ上からリンクした情報量の節約携帯端末への表示個人情報保護など考慮して解像度は160×120ピクセル携帯端末対応のホームページも作成した
工学部事務棟工学部長室内のライブカメラや生協食堂のライブカメラついては直接リンクした

事務棟工学部長室1)
工学部正門守衛室2)
大学生協食堂3)

6携帯電話よるライブ映像再生結果示す
セキュア接続(https接続)した場合の動作がauとdocomoでは大きく異なった近年のPCのブラウザ場合は日本語表示はunicodeで行えばおおむね良好な表示が行われるが少ない電波資源効率よく使用するため携帯電話では各社独自の仕様が採用されている2.5世代といわれるauの携帯電話では日本語表示コード変換サーバー側で行っているので通信経路の途中で改竄できないセキュア接続するとunicodeの日本語は文字化けして表示できなくなってしまった3世代といわれるNTT docomoのFOMAでは日本語表示コード変換端末側で行っているので同様にセキュア接続してもunicodeの日本語も正しく表示できた携帯端末はこのように独自の仕様があるのでそれぞれの仕様に最適化したホームページ設計望ましいが開発コスト観点から同ページSHIFT-JISで実装した
さて2005816日に発生した宮城県沖地震の震源地は宮城県沖でそのマグニチュード7.2であった同県南部で震度6記録したほか東北地方中心とした広域強い揺れが襲いお盆のUターンラシュさなかに多数のけが人が出た工学部では2005年より斉休暇推奨しておりこの地震発生時はほとんどの教職員が在席していなかった
もかかわらず筆者らは帰省先から地震直後の様子携帯電話から確認することができたこのことはインターネ制限されたり寸断するほどの大規模な災害でなければライブカメラ設置が有効であること意味する


個人情報保護4)



サイバーキャンパス発展5)




事務棟工学部長室場所.

工学部正門守衛室場所.

大学生協食堂場所.

ISO15001/個人情報保護 ・計算機利用申
立花和宏, 研究ノート, (2004).

サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1事務棟工学部長室場所.
(2工学部正門守衛室場所.
(3大学生協食堂場所.
(4ISO15001/個人情報保護 ・計算機利用申
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(5サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).

ライブカメラ

化学物質の一元管理と関連法規との対応

化学物質元管理と関連法規との対応

独立行政法人化にともないPRTR法ばかりでなく労働安全衛生法消防法などの施行に対応するためさまざまな試みがなされているしかし化学物質管理正しく行うための方法論が分に確立されているとはいえずさらなる検討が求められている


クロロホルム1)
濃塩酸122)
アスベストついて3)

サイバーキャンパス発展4)
TULIP関係5)
PRTRシステム6)

危険物講習会7)



アスベストに似た材料だけどこういう具合に丸くなっ
立花和宏, 研究ノート, (2005).

サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).

TULIP関係
立花和宏, 研究ノート, (2005).

PRTRシステム,PRTRシステム
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2005).

危険物講習会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1クロロホルムChloroform, (材料).
(2濃塩酸(12M), (材料).
(3アスベストに似た材料だけどこういう具合に丸くなっ
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(5TULIP関係
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(6PRTRシステム,PRTRシステム
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2005).
(7危険物講習会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

化学物質の一元管理と関連法規との対応

サイバーキャンパスの発展

●緒言&目的
私たちは2004年にサイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点について報告した1本編はその続編である。2005年になってさらに変化している。

学務システム導入2

●方法

ドメイン構造の変更3
ライブカメラの設置4

図書館DBとのリンク5
化学物質の管理と関連法規との対応6

●結果

講義棟LAN:固定IPそのつどPCのセットアップ
無線LAN:一度有線でログオン必要。
入試広報のノートPC、かりっぱなし。
PCの活用のための環境が十分とはいえない。
ストリーミングなどではセットアップに


2005/9/23 22:56
3000万を越えました.
総アクセス回数 30000037

アクティブサービスの利用者が多い。

オープンコースウェア7として東京大学8や東京工業大学9が公開している。
SPP10を含め学校データベースの整備。
講義ノート11
JABEE。

\750円/アカデミック(税別)
ライセンス不足が懸念されている。
工学部については


1500Cal

150万円

サイバーキャンパス「鷹山」12

学会発表DBの整備13
PME

事務棟工学部長室14工学部正門守衛室15
セキュリティ=ライブカメラ、解像度
個人情報保護、検索エンジンのキャッシュ

物質管理、労働安全衛生法対応
TULIP関係16
デジタルペン17
渡辺準司,高等教育機関,平成17年度18

紀要19締め切り



(1サイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点の抽出
立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、仁科辰夫、尾形健明、亀田恭男、妹能晴弥、高橋国法、高田健次郎、猪狩惺、小沢昭弥、足立敏、延末憲三, 山形大学紀要(工学)Vol.28, No.2,p.53-64, (2005).
(2学務システム導入
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(3ドメイン
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4ライブカメラ
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(5図書館DBとのリンク
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(6化学物質の一元管理と関連法規との対応
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(7オープンコースウェア
仁科 辰夫, サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2005).
(8東京大学.
(9東京工業大学.
(10SPP
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(11講義ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(12サイバーキャンパス「鷹山」
立花和宏, 研究ノート, (1999).
(13学会発表DBの整備
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(14事務棟工学部長室.
(15工学部正門守衛室.
(16TULIP関係
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(17デジタルペン-名古屋
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(18学会-高等教育機関における化学物質管理
渡辺準司, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(19大学の教育と研究を支援する知識データベースシステム
仁科辰夫、立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、鈴木勝人、青木和恵, 技術総合誌OHM, Vol.4, p.6-7, (2004).

サイバーキャンパスの発展

【投稿】紀要サイバーキャンパス「鷹山」

投稿紀要
2005301)
環境保全

2004からPRTR法が施行されたさらに2005では労働安全衛生法毒劇法消防法などの規制の遵守が求められている
4化学物質材料法規制の関係示すこのように材料が流体すなわち液体や気体の均な純物質はもっとも管理しやすいPRTR法規制受ける指定物質であり実際に2005も行政報告行ったクロロホルムクロロホルムPRTR法だけでなく労安法毒劇法消防法などの規制もうけるがそれぞれの規制においてクロロホルムユニークかつ同ID割り振ることができるしかもそれは化学式ともほぼ対応させることができるPRTR法規制受けないメタノールなども同様である

サイバーキャンパス鷹山
20052)



2000s,現代
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

2005年9月
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(12000s,現代
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(22005年9月
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【投稿】紀要サイバーキャンパス「鷹山」
  • ?

  • 研究ノート追加
    詳細
    山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3753
    http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/