C1 Laboratory

卯月

April

2005/4/01~2005/05/01


c1  2005  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


エッチド箔・表面修飾箔の評価

チドの評価

アルミニウム

トーヤルカーボマンガンリチウムとの相性も抜群素晴らしい

エッチド箔・表面修飾箔の評価

キャパシタ技術

キャパシタ技術平成27年度第回研究会

電気化学会第72回大会-熊本1)

3.導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ高耐圧化高信頼性化
ふるかわら
4.アルミカーバイトナノウィスカーアルミ箔への形成と電極特性
あしだから

講演技術情報協会東京都反田2)



電気化学会第72回大会@熊本県熊本市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1電気化学会第72回大会@熊本県熊本市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(2【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花和宏, 研究ノート, (2005).

キャパシタ技術

2005年(平成17)研究ノート

2005月から2006月まで

20051)
20052)
20053)

20054)
20055)
20056)

2005107)
2005118)
2005129)

200610)
200611)
200612)

スタ

佐藤和美13)14)
おいかわ15)さとる16)はら17)おおき18)くぼ19)あかみね20)ほしの21)
舘謙太22)風~晃23)阿部智幸24)小原大佑25)伊~裕26)根~樹27)さっちん28)なおちゃん29)


2005年度卒業研究30)

●暦
3大阪東洋アルミ31)
4電気化学会第72回大会熊本県熊本市32)
6名古屋鳥羽33)
株式会社森精機製作所伊賀事業所重県伊賀市34)
7夏の学校35)
8名古屋SP36)BENTON見学37)浜松科学館38)

92005電気化学千葉県39)
平成17年度化学学協会連合東北地方大会-仙台40)
芋煮会41)
10表面技術協会112回講演大会42)技術情報協会43)技術説明JST44)
1122回ARS津軽コンファレンス青森県青森45)
3離散会46)

タンタルニオブアノード酸化皮膜の表面欠陥47)

中間発表48)

2005年度-平成17年度49)

2006平成18年度ノート50)
2005平成17年度ノート
2004平成16年度ノート51)
電気化学の庵52)

関連講義卒業研究-電気化学2004,講義200553)



2005年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2005年5月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2005年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2005年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2005年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2005年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2005年10月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2005年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

2005年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2006年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2006年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2006年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

【講演】東洋アルミ@大阪府八尾市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】電気化学会第72回大会@熊本県熊本市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

【工場見学】技術士養成講座_株式会社森精機製作所@三重県伊賀市(スクーリング)
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

一般機械 > 株式会社森精機製作所伊賀事業所@三重県伊賀市,一般機械・工具
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).

夏の学校@長野県茅野市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【地域交流】SPP2005@愛知県名古屋市
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

BENTON見学@福島県田村市
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

ミュージ > 科学館( > 浜松科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

【学会】2005電気化学秋季大会@千葉県千葉市
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

芋煮会@2005
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】表面技術協会第112回講演大会@石川県金沢市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

新技術説明会(JST)@東京市谷
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

【学会】第22回ARS津軽コンファレンス@青森県青森市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

C1_2005年度離散会@宮城県松島町
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

【修論】修士中間発表(C1)
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

2006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

電気化学の庵
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 講義2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

(12005年4月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(22005年5月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(32005年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(42005年7月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(52005年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(62005年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(72005年10月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(82005年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(92005年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(102006年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(112006年2月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(122006年3月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(13リチウムイオン二次電池の急速充放電化と高容量密度化
佐藤和美, 修士論文, (2006).
(14エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御
田中 良樹, 修士論文, (2006).
(15電気化学キャパシタの急速充放電時における有効容量の向上
及川 文成, 修士論文, (2007).
(16安全な電気自動車用リチウムイオン二次電池の設計技術に関する研究
田中 智, 修士論文, (2007).
(17クエン酸錯体法によるリチウムイオン二次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価
原 啓, 修士論文, (2007).
(18エネルギー貯蔵機能を付与したゴム材料に関する研究
大木 信典, 修士論文, (2007).
(19リチウムイオン二次電池充電時の正極におけるラジカル生成条件
久保篤嗣, 修士論文, (2007).
(20二オブアノード酸化皮膜の絶縁性と表面欠陥の解析
赤峰広規, 修士論文, (2007).
(21リチウムイオン二次電池負極カーボン材料界面における脱溶媒和過程の解析
星野大助, 修士論文, (2007).
(22デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(23親水性導電性高分子のニオブ電解コンデンサへの応用
風間晃, 卒業論文, (2006).
(24リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布による影響
阿部智幸, 卒業論文, (2006).
(25リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダーの塗布条件と乾燥温度
小原 大佑, 卒業論文, (2006).
(26ゴム支持体に炭素材料を混練したスーパーキャパシタの電極特性の評価
伊藤裕, 卒業論文, (2006).
(27コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用
根本直樹, 卒業論文, (2006).
(28アルミニウムを集電体とするコンポジット電極の内部抵抗と充放電特性に対するバインダの種類とプレス圧の効果
田口里子, 卒業論文, (2006).
(29エッチドアルミ箔に塗布したバインダーの接触角がサイクル特性に及ぼす影響
住田奈緒子, 卒業論文, (2006).
(30C1ラボラトリー(電気化学グループ)研究室.
(31【講演】東洋アルミ@大阪府八尾市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(32【学会】電気化学会第72回大会@熊本県熊本市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(33【工場見学】技術士養成講座_株式会社森精機製作所@三重県伊賀市(スクーリング)
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(34一般機械 > 株式会社森精機製作所伊賀事業所@三重県伊賀市,一般機械・工具
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).
(35夏の学校@長野県茅野市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(36【地域交流】SPP2005@愛知県名古屋市
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(37BENTON見学@福島県田村市
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(38ミュージ > 科学館( > 浜松科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(39【学会】2005電気化学秋季大会@千葉県千葉市
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(40【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(41芋煮会@2005
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(42【学会】表面技術協会第112回講演大会@石川県金沢市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(43【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(44新技術説明会(JST)@東京市谷
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(45【学会】第22回ARS津軽コンファレンス@青森県青森市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(46C1_2005年度離散会@宮城県松島町
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(47【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(48【修論】修士中間発表(C1)
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(49緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(502006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(51◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(52電気化学の庵
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(53緒言(C > C1履歴 > 【200 > 講義2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

2005年(平成17)研究ノート

【学会】電気化学会第72回大会@熊本県熊本市

熊本1)電気化学2)3)加しました4)

熊本大学5)

小泉夏目漱石熊本城6)宮本武蔵霊巌洞旧細川刑部邸温泉水前寺成趣園などなど馬刺しもおいしかった

http://www.city.…

キャパシタションもせいきょうでした7)
キャパシタギジュツVol.12ごらんください

接触面積8)

2005電気化学会-ノート9)特別講演の依頼されました

電気化学10)
2005年度平成17年度卒業研究11)




九州地方,高校地理
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明, 電気化学会第72回大会, (2005).

電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明, 電気化学会第72回大会, (2005).

【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

熊本城,城郭、城址
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

キャパシタ技術
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【学会】2005電気化学会@千葉県千葉市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

●電気化学会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1九州地方,高校地理
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明, 電気化学会第72回大会, (2005).
(3電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明, 電気化学会第72回大会, (2005).
(4【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(5熊本大学学校.
(6熊本城,城郭、城址
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(7キャパシタ技術
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(8接触面積平方メートル, (物理量).
(9【学会】2005電気化学会@千葉県千葉市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(10●電気化学会
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(11【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

【学会】電気化学会第72回大会@熊本県熊本市

電気化学の庵

ラボラトリー1)データベース構築プロジェクト2)です

http://syllabus-…

https://gb.yz.ya…

電気化学3)シラバスシステム統合されてサイバーキャンパス鷹山4)なりました

研究室会話5)もありますさらには論文6)話もありますそして物理量単位7)情報もあります

2007平成19年度ノート8)
2006平成18年度ノート9)
2005平成17年度ノート10)
2004平成16年度ノート11)
2003平成15年度ノート12)
2002平成14年度ノート13)
2001平成13年度ノート14)
2000平成12年度ノート15)
1999平成11年度ノート16)
1998平成10年度ノート17)
1997平成年度ノート18)
1996平成年度ノート19)
1995平成年度ノート20)
1994平成年度ノート21)
1993平成年度ノート22)
1992平成年度ノート23)
1991平成年度ノート24)
1989平成元年年度ノート25)
1988昭和63年度ノート26)
1987昭和62年度ノート27)
1986昭和61年度ノート28)
http://www001.up…

履歴29)
ラボ離散会OB会の履歴30)
オープンキャンパス31)




研究室の会話
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

◆2007(平成19)年度研究ノート
立花和宏, 研究ノート, (2007).

◆2006(平成18)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2006).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).

◆2003(平成15)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).

◆2002(平成14)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2002).

◆2001(平成13)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2001).

◆2000(平成12)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2000).

◆1999(平成11)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1999).

◆1998(平成10)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1998).

◆1997(平成9)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1997).

◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).

◆1995(平成7)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1995).

◆1994(平成6)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1994).

◆1993(平成5)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1994).

◆1992(平成4)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1992).

◆1991(平成3)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1991).

◆1989(平成元年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1989).

◆1988(昭和63年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1988).

◆1987(昭和62年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1987).

◆1986(昭和61年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1986).

C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

C1ラボの離散会とOB会の履歴
立花和宏, 研究ノート, (2004).

オープンキャンパス
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1C1ラボラトリー(電気化学グループ)研究室.
(2電気化学の庵プロジェクト.
(3電気化学の庵
仁科 辰夫, シラバス, (2006).
(4サイバーキャンパス「鷹山」
仁科 辰夫, シラバス, (2006).
(5研究室の会話
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(6目次-英語論文と学会発表の手引き
渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎, 英語論文と学会発表の手引き, ITE―JEC, (1993).
(7SI単位、計量法、JIS
小泉袈裟勝文/緒方健二絵, 単位のおはなし, 日本規格協会, (1979-1985.12).
(8◆2007(平成19)年度研究ノート
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(9◆2006(平成18)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(10◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(11◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(12◆2003(平成15)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(13◆2002(平成14)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2002).
(14◆2001(平成13)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2001).
(15◆2000(平成12)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2000).
(16◆1999(平成11)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1999).
(17◆1998(平成10)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1998).
(18◆1997(平成9)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1997).
(19◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).
(20◆1995(平成7)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1995).
(21◆1994(平成6)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1994).
(22◆1993(平成5)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1994).
(23◆1992(平成4)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1992).
(24◆1991(平成3)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1991).
(25◆1989(平成元年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1989).
(26◆1988(昭和63年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1988).
(27◆1987(昭和62年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1987).
(28◆1986(昭和61年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1986).
(29C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(30C1ラボの離散会とOB会の履歴
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(31オープンキャンパス
立花和宏, 研究ノート, (2006).

電気化学の庵

2005年(H17)前期

200517前期

エネルギー変換化学特論1)

200618前期2)



2006年(H18)前期
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1エネルギー変換化学特論,物質工学専攻(博士前期課程),etc,物質化学工学科,山形大学大学院
立花 和宏, シラバス, (2007).
(22006年(H18)前期
立花和宏, 研究ノート, (2006).

2005年(H17)前期

国際電話のダイヤル方法について

        国際電話のダイヤル方法について(お知らせ)


 標記のことについて、平成15年4月よりテレコム株式会社のマイラインサービスに
登録を行っております。ダイヤル方法については、下記のとおりです。
尚、別の電話会社を故意に選択し国際電話をご使用になりますと、ご使用者負担となり
ますのでご承知おき下さい。

                   記

■国際電話のダイヤル方法

    0    +  010  +  国番号 + 地域番号 + 相手先電話番号
  ----
 外線発信「0」


 ご使用の電話、FAXの短縮登録等が上記設定になっているか再度ご確認下さい。

 尚、他の国際電話会社を使用して国際電話等をご利用された場合は、事後に管理係へ必
ずその旨をご連絡下さい。


マイラインに関する詳細については、マイライン協議会のホームページ
http://www.myline.org/…をご覧下さい。

国際電話のダイヤル方法について

2005年4月

2005

小泉1)夏目漱石2)熊本城3)宮本武蔵霊巌洞旧細川刑部邸温泉水前寺成趣園などなど馬刺しもおいしかった

4月卯月4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,2005年度平成17卒業研究5)



ミュージ > 人物記念 > 小泉八雲熊本旧居,人物記念館・生家・旧居
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

ミュージ > 人物記念 > 夏目漱石内坪井旧居,人物記念館・生家・旧居
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

建築、土 > 城郭、城 > 政治の拠 > 熊本城,政治の拠点(平城)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 高校地学 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

(1ミュージ > 人物記念 > 小泉八雲熊本旧居,人物記念館・生家・旧居
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(2ミュージ > 人物記念 > 夏目漱石内坪井旧居,人物記念館・生家・旧居
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(3建築、土 > 城郭、城 > 政治の拠 > 熊本城,政治の拠点(平城)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(4高等学校 > 高校地学 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(5緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

2005年4月

基礎量子化学講義開始!

携帯電話の電波と波動1


(1携帯電話の電波と波動
立花 和宏, 基礎量子化学, 講義ノート, (2005).

基礎量子化学講義開始!

フッ素

フッ素

広報委員会

広報委員会

2005/4/21 16:00
ホームページ、出前講義、オープンキャンパスなどについて。

広報委員会

PRTR行政への報告締切:200

PRTR行政への報告締切200530

学部締切
22

報告案内
22

平成16日~平成1731日まで

PRTRシステム開発活動の履歴1)



PRTRシステム開発と活動の履歴,特になし
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2007).

(1PRTRシステム開発と活動の履歴,特になし
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2007).

PRTR行政への報告締切:200

花見@2005

2005

1)

by 和宏



花見,イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1花見,イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

花見@2005

2005年5月

2005年5月

2005年平成17研究ノート1)



2005年(平成17)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

(12005年(平成17)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2005年5月
  • ?

  • 研究ノート追加
    詳細
    山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3753
    http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/