C1 Laboratory

神無月

October

2002/10/01~2002/11/01


c1  2002  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


2002年10月

200210

学会平成14年度化学系7学協連合東北地方大会青森県弘前市1)
学会43回電池討論会福岡県福岡博多2)

2002平成14研究ノート3)



【学会】平成14年度化学系7学協連合東北地方大会@青森県弘前市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

◆2002年(平成14)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

(1【学会】平成14年度化学系7学協連合東北地方大会@青森県弘前市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(2【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(3◆2002年(平成14)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2002年10月

【学会】平成14年度化学系7学協連合東北地方大会@青森県弘前市

日本化学会東北地方大会弘前

立花和宏,,有機電解液,平成14年度1)
立花和宏,,アルミニウム,平成14年度2)
立花和宏,,窒化ニオブ,平成14年度3)
立花和宏,,Nbの窒化に,平成14年度4)

弘前大学5)

弘前城6)なども見学しました


化学学協会連合東北地方大会7)



有機電解液中におけるアルミニウムの腐食/水分の影響
立花和宏,○河内よしえ,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化
立花和宏,佐藤和美,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

窒化ニオブ(焼結体)の静電容量向上における電解条件の最適化
立花和宏,○武蔵信之,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

Nbの窒化によるアノード酸化皮膜の絶縁性向上
立花和宏,○岡田和正,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

弘前城,城郭、城址
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1有機電解液中におけるアルミニウムの腐食/水分の影響
立花和宏,○河内よしえ,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(2アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化
立花和宏,佐藤和美,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(3窒化ニオブ(焼結体)の静電容量向上における電解条件の最適化
立花和宏,○武蔵信之,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(4Nbの窒化によるアノード酸化皮膜の絶縁性向上
立花和宏,○岡田和正,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(5弘前大学学校.
(6弘前城,城郭、城址
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(7【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【学会】平成14年度化学系7学協連合東北地方大会@青森県弘前市

【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)

43回電池討論会福岡県福岡1)2)

○立花和宏,…らは2002年に博多州産業大学で開催された第43回電池討論会において5V級リチウムイオン次電池用アルミニウム集電体の皮膜絶縁性に対する電解質濃度依存性について報告している3)

立花和宏,○…らは2002年に博多州産業大学で開催された第43回電池討論会において正極集電体/合材界面接触抵抗低減によるリチウムイオン次電池の急速充放電化について報告している4)

43回電池討論会 MCFC用構造材料へのAl被覆材の酸化皮膜の分析

冷泉閣ホテルというところに宿泊しました
http://www.reise…
博多は芸術のでした
福岡市美術館5)
ペケペー6)
櫛田神社大壕公園福岡

●電池討論会7)
2002年度平成14年度卒業研究8)
2002平成14年度ノート9)



高等学校 > 地理(高 > 九州地方,地理(高校)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 地理(高 > 九州地方 > 福岡県,九州地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

5V級リチウムイオン二次電池用アルミニウム集電体の皮膜絶縁性に対する電解質濃度依存性
○立花和宏,吉村裕,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第43回電池討論会講演要旨集 (2002).

正極集電体/合材界面の接触抵抗低減によるリチウムイオン二次電池の急速充放電化
立花和宏,○鈴木智統,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第43回電池討論会講演要旨集 (2002).

ミュージ > 美術館 > 福岡市美術館,美術館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2002).

オッペケペー節@福岡県福岡市博多区
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

緒言(C > C1履歴 > 【2002年度(平成14)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).

◆2002年(平成14)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

(1高等学校 > 地理(高 > 九州地方,地理(高校)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2高等学校 > 地理(高 > 九州地方 > 福岡県,九州地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(35V級リチウムイオン二次電池用アルミニウム集電体の皮膜絶縁性に対する電解質濃度依存性
○立花和宏,吉村裕,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第43回電池討論会講演要旨集 (2002).
(4正極集電体/合材界面の接触抵抗低減によるリチウムイオン二次電池の急速充放電化
立花和宏,○鈴木智統,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第43回電池討論会講演要旨集 (2002).
(5ミュージ > 美術館 > 福岡市美術館,美術館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2002).
(6オッペケペー節@福岡県福岡市博多区
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(7【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(8緒言(C > C1履歴 > 【2002年度(平成14)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).
(9◆2002年(平成14)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)

オッペケペー節@福岡県福岡市博多区

ペケペー福岡県福岡1)

2)

櫛田神社社伝によれば天平宝字元年757創建と伝えらます

ペケペー
権利幸福きらいな人に自由湯ば飲ましたい
ペケペポーペポーポー
かたい上下のかどとれてマンテルズボン人力車
いきな束髪ボンネ
貴女に紳士のいでたちでうわべの飾りはよかれども
政治の思想が欠乏だ天地の真理わからない
心に自由の種まけ
ペケペポーペポーポー
洋語ならって開化ぶり
パンくうばかりが改良でない
自由権利拡張し国威張るが急務だよ
智識と智識のくらべあい
キョロキョロいたしちゃいられない
究理と発明の先がけで異国に劣らずやっつけろ
神国めいぎだ日本ポー

2002平成14年度ノート3)



福岡県,九州地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花和宏, 研究ノート, (2002).

◆2002(平成14)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2002).

(1福岡県,九州地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花和宏, 研究ノート, (2002).
(3◆2002(平成14)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2002).

オッペケペー節@福岡県福岡市博多区

2002年11月の・・・

2002年11月の・・・

2002年11月

200211月

関連講義電気化学の庵,11月霜月1)

毎月
 睦月2)小寒大寒
 如月3)立春雨水
 弥生4)啓蟄春分
 卯月5)清明穀雨
 皐月6)立夏小満
 水無月7)芒種入梅夏至
 文月8)半夏生小暑大暑
 葉月9)立秋処暑
 長月10)白露秋分
10神無月11)寒露霜降
11月霜月12)立冬小雪
12師走13)大雪冬至

201111月14)
201011月15)
200911月16)
200811月17)
200711月18)
200611月19)
200511月20)
200411月21)
200311月22)
200211月23)
200111月24)
200011月25)
199911月26)
199811月27)



高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 2月(如月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 5月(皐月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 6月(水無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 7月(文月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 9月(長月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 10月(神無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 12月(師走),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

2011年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2010年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

2009年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2008年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2007年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2006年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2005年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2004年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2003年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2002年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

2001年11月
, 研究ノート, (2011).

2000年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

1999年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

1998年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

(1高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(2高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).
(3高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 2月(如月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(4高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(5高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(6高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 5月(皐月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(7高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 6月(水無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(8高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 7月(文月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).
(9高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
(10高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 9月(長月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(11高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 10月(神無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(12高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(13高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 12月(師走),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(142011年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(152010年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(162009年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(172008年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(182007年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(192006年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(202005年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(212004年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(222003年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(232002年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(242001年11月
, 研究ノート, (2011).
(252000年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(261999年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(271998年11月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

2002年11月
  • ?

  • 研究ノート追加
    詳細
    山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3753
    http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/