C1 Laboratory

弥生

March

1991/3/01~1991/04/01


c1  1991  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


◆1991(平成3)年度ノート

1991月から1992月まで

ふじわら1)さわぐち2)ます3)
しげもと4)
こしぬま5)やまぐち6)はやみ7)てづか8)
いけがみ9)

1992たちばな10)11)着任

携帯電話普及

1992平成年度ノート12)
1991平成年度ノート
1990平成年度ノート13)

1991年度平成卒業研究14)
電気化学の庵15)



◆1992(平成4)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1992).

◆1990(平成2)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1990).

【1991年度(平成3)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

電気化学の庵
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1アモルファスFeVO4の合成とリチウム二次電池正極活物質への応用
藤原 正樹, 卒業論文, (1989).
(2アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウムの陽極酸化
澤口 彰廣, 卒業論文, (1989).
(3マンガン複合材料のリチウム二次電池正極活物質への応用
増田 誠治, 卒業論文, (1990).
(4カーボン~ポリマー複合皮膜電極の作成と応用
加藤 茂幹, 卒業論文, (1990).
(5塩酸中におけるアルミニウムの局部腐食に関する電気化学的研究
越沼 実, 修士論文, No.1723, (1994).
(6リチウム二次電池への単一正弦波相関法の適用について
山口 晃, 修士論文, No.1732, (1994).
(7遷移金属酸化物を正極に用いるリチウム二次電池とその性能評価システムの開発研究
早見 宗人, 修士論文, (1994).
(8種々の電解質溶液中におけるアルミニウムの陽極酸化
手塚 剛典, 修士論文, (1994).
(9アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウムの電極挙動
池上 哲哉, 卒業論文, (1994).
(10電解時における非定常系電極現象の解析
立花 和宏, 卒業論文, (1987).
(11光音響分析法に関する研究(***)
立花 和宏, 卒業論文, (1985).
(12◆1992(平成4)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1992).
(13◆1990(平成2)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1990).
(14【1991年度(平成3)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(15電気化学の庵
立花和宏, 研究ノート, (2005).

◆1991(平成3)年度ノート
  • ?

  • 研究ノート追加
    詳細
    山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3753
    http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/