トップ  修士論文  リンク集



 電池便覧<第3版>p282によると、「正極バインダとして、比較的高価であるにも拘わらず、フッ素化ポリマーが用いられているのは
正極での強い電気化学的酸化雰囲気に耐える必要があるという要求特性からきている。一方、負極バインダに関しては逆に強い
電気化学的還元雰囲気に耐える必要があるが、この点フッ素系ポリマーは必ずしも好ましくない。むしろ、スチレン/ブタジエンなどの
炭化水素系ポリマーの方が還元雰囲気に対して安定である。」とあった。しかし、これは何のデータをもとにして述べられているのかが
不明瞭である。また、SBRは耐酸化性が悪いために正極用バインダとして使用できない*1という文言があったが、これもなぜバインダーが
酸化に弱いのかということに関する根拠が示されていない。たしかに、ポリマーは燃焼させたら酸化し水と二酸化炭素になる
ではバインダとして使用しているポリマーは電解液中は酸化還元するのだろうか。本当に正極と負極で使用しているポリマーの違いは、
単に酸化に弱い、還元に弱いという議論で分けてよいのか。本研究ではここの点について調べていきたい。
→現段階(4/18)では具体的な実験方法はまだ見つかっていない。先生助けて!!!!!

バインダーをうっすら塗ってCVを測定して、酸化と還元についての議論をした論文を何回か見かけたが、どうも説得性に乏しいように思われる。 ともあれ、そのような文献を収集して要約してみたらどうだろうか?<立花


 立花先生曰く、バインダーとして使用するポリマーの双極子モーメントが電池にどうやら影響を及ぼしているらしい。
このポリマーの双極子モーメントとバインダーが加えれれたスラリーと正極集電体の間に生ずる接触抵抗の関係を
数式で表現していきたい。予想では単位はC/mとなるようだ。

参考文献
*1 リチウムイオン電池用水系バインダー 鵜川 晋作 増田 香奈 梶原 一郎 JSR TECHNICAL REVIEW No.121/2014