教育において,IT技術がどのように活用することが生き残り戦略となるか?

竹田悠作

IT技術は、これからの社会にとって不可欠なものになるだろうし、今後社会に出ていく子供たちにはそれをうまく扱う術を身に着ける必要があると考える。 しかし、講義中にあった英語の話などからも、ITに頼り切ってしまえば能力としてはあまり成長しなくなるという面もあると考える。 そのため、大学で行われているオンライン講義など、IT技術によってできることが増えている部分は利用しながら、技術に使われるのではなく、技術をうまく使うことが必要である。 教育でも、AIを用いた学習、プログラミングの授業などは活用したうえで、それをどう使っていくかを取り扱っていくことが生き残り戦略として重要であると考える。